そ、そうではないかと恐れていたが…

小さいころって1日は無限に長いと感じていたけど、年を取るとどんどん短く感じるようになる、というのはよくいわれる話。
しかし子供が生まれてからなおのこと、1日1日が飛ぶように過ぎていく。

「子供がさ。親の分まで時間を吸い取ってるんだよ。きっと」
とは飼猫氏の弁。

今日の夜も眠くてたまらないくせに、スゴロクをせがみ、絵本を読ませたあとで 更に 飛び回り跳ね回る1号。
え〜ぃ!いい加減に静かにせんかっ。
「あんた、かーさんのパワー吸い取って飛び回ってないか?」
「そーだよー!」
…や…やっぱり…そうではないかと恐れていたが…やはりそうであったか。
思いっきり本人から肯定されてしまった…

? posted by Yumikoit at 09:22 pm commentComment [4] pingTrackBack [0]

この記事に対するコメント[4件]

1. 飼猫 — January 20, 2004 @22:23:12

良い話を茶化すでない!

2. kameria — January 21, 2004 @10:23:48

時間の経つのが年齢とともに早く感じるというので。
それだけ記録、記憶している情報が減るという話もあります。嫌なことでも、楽しいことでも、忘れて、そして自分の都合のよい過去の思い出にしてしまうとか、いう話もあります。ああ。

3. マム — January 21, 2004 @22:24:36

昨日、今日と上靴を忘れ・・幼稚園に貸してもらった上の2人・・ヒイが「靴、明日忘れないの。お母さんのせい。」そしたら長女みい「仕方ないよ・・お母さんの脳みそ半分とろけてるんだってば・・」オイオイ・・!!
なんか、この日記で『パワー吸い取られ』に妙に納得でした。

Owner Comment Yumikoit Website  January 22, 2004 @22:25:06

いや〜。時間だけでなくホント、いつもパワーも吸い取られまくりますよねぇ。
マムさんところはしかも4人ですから想像するだにおそろしぃ。脳ミソもとけるってもんですよ…と雪かきで壊れている私は思うのでありました…

この記事に対するコメントは締め切られています

<< 2004.1 >>
SMTWTFS
    12 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 

読書メーター
Yumikoitの最近観たビデオ

Itofamily.com Home
T:9162 Y:5993 Total:997942 Online:23