のりもの運転席ずかん

のりもの運転席ずかん

松本典久ぶん・井上広和しゃしん

出版社 小峰書店
発売日 2001.10
価格  ¥ 1,000(¥ 952)
ISBN  4338006544
★★☆☆☆
[AmazonLink |bk1Link ]

タイトルのとおり、色々なのりものの運転席の写真が掲載されている子供向けの図鑑絵本。
乗り物好きの1号がもっと喜ぶかと思いきや、結局は
「これはショーボーしゃ!」
とか
「ひこーき!」
とか。
結局乗り物の名前を言いながら喜ぶだけになりました。
運転席、が魅力的になるのってどのくらいの年齢なんでしょうね?

? posted by Yumikoit at 09:13 pm pingTrackBack [0]

 

準備満タン

幼稚園の準備は、なるべく1号自身にさせる。
といっても 朝ハンカチを自分で引き出しから出すとか、月曜日は幼稚園から借りた絵本を返す日だから、日曜日のうちに絵本カバンに入れておくなどだが。

図書館と買い物から帰ってきたあと、図書館の絵本を絵本カバンに入れたまま、お昼寝に突入してしまった1号。
起きてからひとしきり遊んだあと、確認するとやはり絵本カバンは寝室に投げ出されたまま。
「1ごう〜。図書館から借りた絵本を片付けて、幼稚園の絵本を返す準備しなさいよ〜」

…しばらくしてから確認する。
「ちゃんと用意した?」
「うん♪」
「明日の忘れ物ない?」
「うん♪準備満タン♪」

…満タンは、ガソリンだよっ!と飼猫氏と一緒にツッ込んでしまいました(^^;;;

? posted by Yumikoit at 09:12 pm pingTrackBack [0]

 

犬の方が嫉妬深い

犬の方が嫉妬深い

内田春菊〔著〕

出版社 角川書店
発売日 2003.11
価格  ¥ 500(¥ 476)
ISBN  4043444257
☆☆☆☆☆
[AmazonLink |bk1Link ]

怖いもの見たさというのでしょうか。文庫版「私たちは繁殖している・ブルー」で紹介されていたので読みました。

「裏・私たちは繁殖している」とでも言えばいいでしょうかね。

「私たちは繁殖している」の3巻と4巻の間に位置すべき 前夫との離婚と 現在の夫との結婚を描いた小説。
奥付の前に「この作品はフィクションです」と断り書きはあるが。
文庫版「私たちは繁殖している・ブルー」にその存在が描かれているので、むしろエッセイ的・私小説的な存在と言っていいだろう。

主人公の長男アインと長女ツバイ。そして次女ドライ。
本書はドライを妊娠するところから始まる。
アインは当時結婚していた「太田」と同棲していた当時、他の男性との間にできた子で、太田も納得して「一緒に」育てている。ツバイはその後、妊娠した子でこれを機会に彼女は太田と入籍する。太田自身の希望もあり、本当は別の男性の子であったがアインも太田が認知する。
ハタから見ると「できた いいダンナさん」

しかし彼女の実際の気持ちはそうではなかった。
ドライの父親になる彼と知り合って、強く思う。
そして家出をする。
離婚調停と、それにまつわり遺伝子検査をして太田が父親かどうかを調べる。ツバイも、太田の子ではなかった。

という流れのストーリー。そして離婚と二人の子供の親権を勝ち取り、ドライの父親と結婚するまで。

「私たちは繁殖している」を読んだ読者で、この話は拒否感を覚える人も多いと思う。実際「いい気なもんだな」と思わないでもない。

思うに「オトコ運が悪い」「オンナ運が悪い」ヒトっているよね。
なぜかいつも暴力を振るう男性と一緒になっていたり、オンナ癖が悪かったり、ギャンブル好きだったり。
本書の主人公もそうかもしれない。自ら「そういうオトコ」と結果的にいつも腐れ縁ができてしまうような性格。
彼女にとっては泥沼も現実で人生のうちだ。「いい気だ」と思われつつ「かわいそうな人生」と言われないだけの実力と業界での名声を勝ち得ている彼女はある意味幸せかもしれない。

それでも「ここまで書かれる太田というオトコもかわいそう」だなと思うことは否めない。
まついなつきも、同じように離婚の裏話を赤裸々に書いているけど、まついなつきのほうがまだ、読後感はよかったな。

? posted by Yumikoit at 01:53 pm pingTrackBack [0]

ちいさなきかんしゃレッドごう

ちいさなきかんしゃレッドごう

ダイアナ・ロス作・レスリー・ウッド絵・みはらいずみ訳

出版社 あすなろ書房
発売日 2001.04
価格  ¥ 1,260(¥ 1,200)
ISBN  4751519832
★☆☆☆☆
[AmazonLink |bk1Link ]

飼猫氏が1号に読む。

小さな機関車レッド号は、毎日決まった時間に発車して線路沿いに住むいろいろな動物に挨拶しながら通過する。
しかしある日、いつまで経ってもレッド号がやってこない。
どうしたんだろう。
見に行ってみると、車庫で動けないでいるレッド号発見。
オイルをあちこちに挿したら動けるようになりました。
さ、急いで出発!オイルのせいでいつもよりも調子がよく、スピードも出たので目的地に予定通りつくことができました。

オイルを挿しただけで直る故障ってなによ〜。それは単なる普段からの整備不良じゃないかっ。
動物たちとの挨拶のやり取りのシーンはいいのですが、ツメが甘すぎ。というのが飼猫氏の評でした。

? posted by Yumikoit at 09:15 pm pingTrackBack [0]

 

遠方より友来たる

飼猫氏の仕事仲間 Kにいちゃん(1号風の呼び方)が本日遊びに来るという。
1号はKにいちゃんが好きらしく朝から大喜び。

連れてきたのは、共通の友人M嬢。
こちらに引っ越してくる前に、KにいちゃんとM嬢、そしてTくんとがみんなで遊びに来てくれたこともある。1号がまだまだちっちゃかったころだなぁ。
来客を迎えるために飼猫氏が玄関に出ると、1号がわくわくして一緒に玄関に出る。
来客でお菓子が並ぶことを期待して、ちゃっかりと食事椅子に座り込み準備万端な2号。<おぃ!
そしてオトナ達のお喋りをものともせず、昼間大量に食べた昼食もモノともせず菓子を食いまくる子供たち…(/_;)

ひとしきり食べまくると、隣室からリビングまで飛行機のおもちゃを走らせながら1号が劇走する。ちょっと怖がりつつ、2号は一緒に遊びたい。
どうでもいいが、そのおもちゃを走らせる音がうるさすぎてオトナたちはお喋りができませ〜ん!!!!

でも、わざわざ関東圏からいらしてくれたM嬢、遠いところ来てくれてありがとう!嬉しかったよ。

? posted by Yumikoit at 09:13 pm pingTrackBack [0]

バムとケロのおかいもの

バムとケロのおかいもの

島田ゆか作絵

出版社 文渓堂
発売日 1999.02
価格  ¥ 1,575(¥ 1,500)
ISBN  4894232103
★★★★☆
[AmazonLink |bk1Link ]

1ヶ月に1度、バムとケロは市場にお買い物。
ケロは楽しみで仕方ない。
普段はお寝坊さんのくせに、今日だけは早く起きて、牛乳を取ってきて、コーヒーを入れて朝ごはんの用意をしてバムがおきるのを待つ。朝ごはんのパンケーキが真っ黒こげなのはご愛嬌。

友達のかいちゃんと一緒にクルマに乗って市場へレッツゴー!
チョッキの生地、野菜もたくさん。あれ。売り物を全部口に入れてお客を待っているハムスター。
「これ、食べ物を無理やりお口に押し込んでいる1号と同じ顔だよ」
というとゲヘヘ、と照れた顔。
食べきれないほどのお昼を買ってしまうケロ。

そしてメインエベント。変なドアがたくさんのお店へ???
ひとつドアが開くたびに出てくる変なものに1号はわくわく。最後に骨董品やさんでお買い物。

またケロちゃんが翌日の朝ごはんを作ったシーンで1号大喜びでした。

? posted by Yumikoit at 09:54 pm pingTrackBack [0]

 

ひつじがいっぴき おひるねしてる

ひつじがいっぴき おひるねしてる

おくのりょうこさく・え

出版社 偕成社
発売日 1998.09
価格  ¥ 1,050(¥ 1,000)
ISBN  4033312005
★★★★☆
[AmazonLink |bk1Link ]

あ〜。これはよく眠れそうだな。と思うのは大人の発想かも。

羊が一匹お昼寝してる。どんな夢を見てるかな。
お花を見てる夢を見てる。
そこへ羊が2匹やってくる。
羊が3匹お昼寝してる。どんな夢を見てるかな。
お花の夢を見ていた羊の夢には、チョウチョが飛んできて。
2匹目の羊の夢は池に自分の姿が映ってる。
3匹目の羊の夢は高いお山に登ってる。

どんどん羊が増えてきて、ページをめくるごとにそれぞれの羊の夢が展開していく。
全部で10匹の羊の夢が同時進行!ぐあ〜。

言葉はとても少ない絵本ですが、一つ一つの夢を追っかけていくと「おはなし」がたくさんの絵本でした。あ〜。おもしろかった。

? posted by Yumikoit at 09:17 pm pingTrackBack [0]

 

ロンドン橋

1号が最近、色々歌をおぼえだして一日中歌っている。
「ろ〜んどんばっしっおっちった」
お、ロンドン橋。

なんとなくこっちも歌ってみる。
♪ろ〜んどんぶりっじいっずふぉ〜り〜んだ〜ん

「ちがうっ!そうじゃないっ!!!!!」

おぃおぃおぃ。英語で歌うのは間違いなの????


ちなみに2号は今日も灯りのスイッチにはまっていました。抱っこしまくり。
1号はまた手袋を水溜りに入れて遊んでいました、ぐぇ。

? posted by Yumikoit at 09:14 pm pingTrackBack [0]

 

ブラックジャックによろしく 8

ブラックジャックによろしく8

佐藤秀峰著

出版社 講談社
発売日 2004.02
価格  ¥ 560(¥ 533)
ISBN  4063289362
★★★★☆
[AmazonLink |bk1Link ]

がん医療編完結。

末期がんであることを知った主婦辻本。
斉藤から未承認薬を使うことを薦められる。
胃がんとしてなら保険が利く…カルテは偽造する。
抗がん剤は悪か。

抗がん剤を建前だけ使い続けてきた医師 庄治と、抗がん剤を使わずにケアを続ける宇佐美医師の立場と心情。

ドラマの筋立てとして利用しただけあって、ラストもまとまりがよかった。
相変わらず、周辺のキャラクターたちの心情、事情を克明に描くことで臨場感を盛り上げる。主人公は問題を浮き上がらせ、描写するきっかけ、触媒として使われる。
でもいい話。うむ(^-^)

? posted by Yumikoit at 02:06 pm pingTrackBack [0]

 

プラネテス 4

プラネテス 4

幸村誠著

出版社 講談社
発売日 2004.02
価格  ¥ 700(¥ 667)
ISBN  4063289370
★★★★★
[AmazonLink |bk1Link ]

朝、幼稚園に行ったら同じくプラネテスを読むひらめ先生に「4巻出ましたよっ!」と教えてもらった4巻。
早速飼猫氏(夫)が買ってきてくれました♪

完結かと思いましたが、一応「第一部完結」の間違いですよね。これ。

今回はフィーにかなり焦点が当たっていますね。フィーがデブリ回収にかける意欲とか、その過去とか。
家庭もかなりでてきましたね。アルバート君、かわいい。

フォン・ブラウン号のエピソードは最後の方にあったけど、むしろフォン・ブラウン号建設のキーパーソン、ロックスミス氏のエピソードの方が目立つ。描いていて面白いんでしょうね、こういうあくの強いキャラクター。

でもそれ以上に気に入ったのは「男爵」だぞ〜っ。かなり気に入りました♪

話は変わりますが、「テクノーラ社」ってアニメ化で急遽決まった社名なのかな?3巻までに社名が出てきた記憶が全然ないんですけど(読み返していないので自信ないけど)

? posted by Yumikoit at 02:01 pm pingTrackBack [0]

<< 2004.2 >>
SMTWTFS
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29       
 

読書メーター
Yumikoitの最近観たビデオ

Itofamily.com Home
T:3051 Y:4477 Total:18383169 Online:209