台風のエネルギー

台風のエネルギー


村松 照男 (著)

出版社 岩崎書店
発売日 1998.01
価格  ¥ 2,310(¥ 2,200)
ISBN  4265020291
★★★★☆
[AmazonLink |bk1Link ]
調べて学ぶ<地球と天気>・9

先週、台風のため幼稚園が短縮保育になった。この地域はあまり台風の被害のない地域だそうで、大人の緊張感が伝わるのか、1号も興味津々。
結局はたいしたことなかったのだけれども、テレビの天気予報などを小耳に挟んでは「台風は、金沢過ぎたの?今どこにいるの?北海道に行ったの?」などと言っている。

なので、図書館でこの本を薦めてみた。

結局この手の図鑑系絵本は1号にとっては「父さんに読んでもらうもの」らしく飼猫氏が早く帰ったこの日に読んでもらったのだが、1号なりに面白かったらしい。
つくづく理系だなぁ。1号よ。

? posted by Yumikoit at 06:50 pm pingTrackBack [0]

 

4歳!

1号、おかげさまで今日誕生日。
とりあえず普通の登園日。幼稚園では先生やお友達に「おめでとう」といわれたらしい。お帰りの時には、なにやらきれいな紙に包まれた重そうな箱を持っている。
「あれ?なに貰ったの?」
「いし!」
…石というと、あれですね。毎朝道端で拾っては幼稚園に持って行っていたあれを集めて箱につめたわけですね…とほほ。
水曜日だから昼食前に帰宅して、お昼ご飯が終わるとお友達の家に。

帰宅して夕食の準備ができた頃、飼猫氏からの帰るコール。
間に合いそうなので皆で夕食を食べることにする。
夕食後にケーキ。いや、飼猫氏はケーキの前にプレゼントを出した。
あれ?ナニ買ってきてるのよ。
プラレールシリーズの、ストップレール機能のついた駅のキットと車両が通るとチンチン音が出る踏切のキット。
それを喜んで広げている1号に、おもむろに予め用意しておいたプレゼントメインエベント。
でた。レールのダンボール詰め!
2,3週間前からオークションで目星つけて入手しておいたんだよね。

あっという間に部屋中レールだらけになり、遊び始める子供たち。
ええい、夕食後はレールはダメって言ってるだろが!っていうだけ無理。

ケーキは今年はプーさんの15センチ。4分割してそれぞれの皿に載せる。
ゆっくりゆっくりと食べる1号。2号は手も顔もクリームだらけにして、私が口元まで運ぶケーキをあっという間に食べきる。おい、1/4全部食べちゃうわけ?
その同じ大きさのケーキを、1号は少し残して「あとは明日食べる」という。
二人とも腹いっぱい夕食を食べたあととはいえ、二人の食欲の差がでるなぁ。あ。そういえば2号はごはんお代わりもしているはずだ。おぃおぃ。

まぁまずはおめでとう。4歳も、元気な1年を過ごしてね。

? posted by Yumikoit at 01:24 pm commentComment [5] pingTrackBack [0]

 

1号が大好き。

最近幼稚園でよく牛乳パックを使って電車を作ってるらしくて、たくさん持って帰る。
これは簡単に外側にそれらしい紙を貼って、クレヨンで模様を描いただけだけど。

http://members.at.infoseek.co.jp/aitoh/Link
なんか参考に車輪をつけてやったら喜ぶだろうなぁ。あ。でもすぐに壊れちゃうか。

? posted by Yumikoit at 12:51 pm pingTrackBack [0]

 

そろそろppBlogもバージョンアップしたことだし

書きかけた日記が途中で消えちゃった。

ショック。

そろそろppBlogもバージョンアップしたことだし

正式リニューアルしたいよなぁ。

? posted by Yumikoit at 12:49 pm pingTrackBack [0]

昼寝の時間。

最近2号は、枕を用意して「ほら、昼寝だよ」といういかにも昼寝というのを嫌がるようになった。
つ〜かそもそもそういう昼寝のさせ方をほとんどしていない子なので、本人が「眠いよぉ」とよろよろと泣きながらやってくると寝かしつけていた反動か。

身体も大きくなって体力もついてきたせいか、いつもぎりぎりまで頑張る。
で、幼稚園のお迎えの時に寝てしまうことが多いわけ。

色々試してみると、外出先で寝ることが多い。
特にスーパーのカートのゆれ心地が最高らしい。

というわけで、今日は午前中買い物。いつも行く小さなスーパー(カートなし)と郵便局、カートの使えるスーパーに行って最後のスーパーで寝始まったところでそっと自転車に移して家につれて帰る。
2時間半たっぷり寝てくれました。ふっふっふ。おかげで午前中はゆっくりできたぞ。

しかし毎日買い物に行くわけにもいかんしな。ちと考え中。

? posted by Yumikoit at 08:27 pm commentComment [2] pingTrackBack [0]

 

どろんこハリー

どろんこハリー

ジーン・ジオンぶん・わたなべしげおやく・マーガレット・ブロイ・グレアムえ

出版社 福音館書店
発売日 1980
価格  ¥ 1,155(¥ 1,100)
ISBN  4834000206
★★★☆☆
[AmazonLink |bk1Link ]

風呂に入るのが嫌いな犬のハリーは、念入りにお風呂ブラシを隠してから、散歩に出かける。道路工事の現場で泥遊びをして、鉄道の線路の近くで遊んですすだらけになり、空き地で他の犬たちと遊んで、もっともっと泥だらけになって…。
あまりにも汚れたので、家に帰っても誰もハリーと気付いてくれない。だからハリーは…

幼稚園から絵本を借りてくる日だったのは確かなんだけど、幼稚園から帰るなり、我が家に一緒に遊びに来ていた1号のお友達が「おばちゃん、読んで」と自分の借りてきた本をせがむので読んでやると急に1号も読んで欲しくなって持ってきた本。面白かったのか、夜もこれをご所望。

変身、だね。

? posted by Yumikoit at 07:30 pm pingTrackBack [0]

 

尿でオムツがパンパンの方が、更に被害は少ないのでしょうか?

あるいは最新式の「まるで何もつけていないみたいにスリム!」なんてオムツだと危険だったりして。
僕のおむつは救命具、毒ヘビにかまれるも無事Link

? posted by Yumikoit at 12:53 pm pingTrackBack [0]

 

そういや今のアパートの植木って誰が水やってるんだろう。

アパートのエントランス?脇にも一本、木が生えてるんですけどね。誰が水やってるんでしょ。時々剪定は入るんだけど。
デパートやもっと大きなマンションだと、やっぱり水遣りも必要なんでしょうね。
2週間も水をやらないでいいシステムって、いいな。
清水建設、2週間水やり不要なベランダ緑化システムLink
清水建設・ニュースリリースLink

? posted by Yumikoit at 12:52 pm pingTrackBack [0]

娘が『できちゃった婚』したとき!

娘が『できちゃった婚』したとき!

沖藤典子著

出版社 主婦と生活社
発売日 2002.07
価格  ¥ 1,365(¥ 1,300)
ISBN  4391126583
★★★☆☆
[AmazonLink |bk1Link ]

タイトルから
「できちゃった婚を宣言されておたおたしている老夫婦(老いてるとは限らないけどね)の心理的パニックとかの体験記」
というのを期待して読んでみた。
でも違うぞ〜。全然違うぞ〜。

「できちゃった婚」は確かにそうなんだけど、むしろ本の内容は、「共働きを望む娘の妊娠を後押ししたいおばあちゃんとしての体験記」といった感じ。
そういうつもりで読むとすご〜く共感できたり納得できたり。私はまだ「小さい子供の母」の立場でしかなくて「おばあちゃん」の立場とか「出産を控えた娘を思いやる母」の立場とかは想像でしかわからないけど、でも身近にいる人の立場とか心情を等身大で聞かされたような、そんな本でした。

特に私はあまりこの著者を知らなかったんですが、女性問題や老人問題などをテーマに色々社会活動をしているヒトなんですね。だから共働きをしているお母さんの出産とか育児をしながらの仕事の継続、なんてことにも非常な理解がある。
私は専業主婦ですが、知らなかったこととかもたくさんあってなんか興味深かったです。

? posted by Yumikoit at 10:20 pm pingTrackBack [0]

 

マゲオーテと賢者の猫

マゲオーテと賢者の猫

エレノア・リグビー作・連野譲訳

出版社 コスミック出版
発売日 2004.05
価格  ¥ 1,680(¥ 1,600)
ISBN  4774706620
★☆☆☆☆
[AmazonLink |bk1Link ]

まずは装丁。紺がかった黒の表紙。タイトルの上に小さい飾り文字で入れられた主人公の名前。HarimaHotsuta。
黄色のタイトル文字。
表紙のイラストのとのバランス。

登場人物の名前。主人公、ハリマ・ホッタ。マゲオーテ、というのは魔法学校。ヂアベレナイは魔法学校の校長。

主人公の生い立ちに謎があり、出生後間もない時に親の因縁にて命を狙われることになる。
それまでは普通の少年として暮らしていたのに、突然魔法学校に編入することになり、たちまち校内では特別な立場になる。

でもここまで。
せっかくネタにするなら、もっと世界観を似せるとかキャラクターの名前を思い切ってきっちりとパクるとか内容的にももっとB級娯楽作品にする方向はあると思う。

まぁその場合には逆に著作権侵害をとられていたかもしれないけどね。

主人公の名前や装丁、を似せたばっかりに、本来なら普通のファンタジーとしてストーリーは通俗的だけどそれなりの児童向けファンタジー小説としての面白みはあったろうに。損しちゃったんじゃないのかなぁ。
まぁそれなりに面白いことは面白かったです。うひひ。

? posted by Yumikoit at 09:59 pm pingTrackBack [0]

<< 2004.6 >>
SMTWTFS
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
 

読書メーター
Yumikoitの最近観たビデオ

Itofamily.com Home
T:9520 Y:4107 Total:19131999 Online:6335