食事前の風景・2

乳幼児の食事の時には、さっと手を拭いたり口元を拭けるミニタオルを濡らしておいておくと便利だ。
大抵 1号と2号の分、二つ用意して置いておく。
出張帰りの飼猫氏も一緒に、家族そろっていただきます、をする。

「ちゃんと手を拭いてから食べるのよ」
特に手づかみ食べ主流の2号にはちゃんと拭かせなければ。
しかし手で手拭きをつかみ、なぜかもう片方に持ったコップを拭いたりする2号にはその役割が判っているかどうか、疑わしい。
今日は顔を念入りに拭いている。
「2号。オレはな。飲み屋でお絞りで顔を拭くようなヲヤヂにだけはなりたくないと常々思っているんだから、お前も顔を拭くのはやめろ」
と訳のわからぬ説教しているのは飼猫氏。

その説教をきいて、1号も手拭きで自分の顔をツルン、と拭いていた。
なんだかなぁ。

? posted by Yumikoit at 10:18 pm pingTrackBack [0]

 

食事前の光景・1

さぁ、ご飯だよ、と皿を並べる。
珍しく2号は既に行儀よく座っている。しかし2号よ。あんたの座っている場所は1号の席だ。
私と1号に指摘されて、2号は1号に席を明け渡した。ホント、あんたはお兄ちゃん好きだね。

しかし次に2号が座ったのは、1号と2号の席の間。飼猫氏の不在の時には私が座る席だ。
 # ちなみに飼猫氏がいる時には、わたしは2号の席の前に座って主に2号の食事の世話をする。

「2号、あんたの食事の席は何処なの?」
と言うと、1号と2号が同時に、普段2号が使う食事ラックを指差した。
「判ってるなら、はじめっからそこに座れよな〜!」
というと恥ずかしげに2号がイヒヒ、と笑う。

ううむ。何であんたら、そうネタを提供してくれるかなぁ。
とこちらも苦笑すると1号が言った。
「母さん、なんか嬉しそうだね」
鋭いツッコミ、ありがとう…。ぐずん。

? posted by Yumikoit at 10:17 pm

 

あしたのてんきははれ?くもり?あめ?

あしたのてんきははれ?くもり?あめ?

野坂勇作さく
 出版社 福音館書店
 発売日 1997.05
 価格  ¥ 880(¥ 838)
 ISBN  4834014606
★★☆☆☆
[AmazonLink |bk1Link ]

かがくのとも傑作集。
 ゆうやけははれ。
 ゆうにじははれ。
 おひさまがかさをかぶるとくもり。
 あさやけはあめ。
などなど。空の様子や雲の動きなどでお天気を知る先人の知恵。
1号はまだほとんど知らないけど、それでも「ボク、これ見たことある!」等と面白がっていたようでした。

? posted by Yumikoit at 05:38 pm pingTrackBack [0]

 

フランセスの青春

Related

ルース・エルウィン・ハリス作・脇明子訳
 出版社 岩波書店
 発売日 1991.04
 価格  ¥ 2,447(¥ 2,330)
 ISBN  4001155133
★★★★☆
[AmazonLink |bk1Link ]

児童書というくくりとはいえ、両親を失って3人の妹たちを守る立場になった長姉フランセスの17歳から遅い結婚を決めるまでの数年間の小説であるから、表現的にも内容的にも中学生やそれ以上の年齢でやっと共感できるような内容になるのは否めない。それだけに読み応えのある小説だなぁ。
手に取るまで、あくまでも第一巻Link の続編だと思っていたが、平行した時間を別の視点で描くザッピングと呼ばれる手法を使っているようだ。
それだけに幼い末妹のセーラと長姉のフランシスの視点、感情の書き分けが面白い。
セーラから見たフランシス、フランシスとセーラとの関係。
第一巻では存在感が強く感じられなかったジュリアとグウェンも段々と浮き上がってきた。
次は次姉ジュリアか。楽しみ。

? posted by Yumikoit at 05:01 pm pingTrackBack [0]

とびらをとんとんとん―みぎひだりとあそぼう

Related

まついのりこさく
 出版社 童心社
 発売日 1992.02
 価格  ¥ 1,050(¥ 1,000)
 ISBN  4494003425
★★☆☆☆
[AmazonLink |bk1Link ]

この間、この人の書いた算数絵本を読んだ気がする。掛け算の絵本だったかな。
そういうと、1号はそれじゃない、この本は飼猫氏に読んでもらったことがある,と言う。借りてきたうちではないと思うけれども図書館で読んだかな。
最近1号が借りたいと持ってくる本が、以前読んだ本と重なるようになってきた。
別に何回読んでもいいんだけど、もっと色々な絵本を読むといいなと思っているだけに、数の絵本や自然・乗り物系の絵本ばかりだとさすがにネタ切れか?

これは2,3歳児向けの図形認知の絵本かと思われる。
同じ色、形のドアが2つ、3つと描いてあって、ドアから煙が出ていたりいびきが聞こえていたり、一つだけ他のドアと違う。

最初の2,3ページは上下のドア。
そのあとは右、左。

「こっち」
と指差させるのではなく
「右?左?」
と訊くようにしないと本人はいつまで経っても右と左を認識しないかもしれない。

1号は幸いに?最初の1回だけでそのあとは自分で「右!」とか「左!」とか自分でも遊んで言っていた。うむうむ。

? posted by Yumikoit at 09:50 pm pingTrackBack [0]

 

誰と結婚する?

朝食の皿を洗っていると、1号が言った。
「ボク、この家にず〜っとず〜っといたいなぁ」
…夏休みの前に、転勤でお引越しするのでお別れ言ったお友達のことが気にかかるのかな?と思って
「じゃあずっと居れるとイイね」
と言ってやった。

「お母さんも一緒に居ていい?」
と訊くと
「うん」
と嬉しいお返事。
「ボクがぅお〜〜きくなっても一緒に居てあげるからね」

しゃれで言ってみる。
「じゃぁ、おかーさんとけっこんしよっか」
「うん♪」
おっとぉ。マジかい。

「父さんも一緒にこのおうちに居ていいの?」
「ううん、結婚は、二人でするものなんだよ」
…変なコト知ってるなぁ。しかし飼猫氏がこれ読んだら泣くぞ。

「1号は、大きくなったら誰と結婚するの?」
「Nちゃん♪」
とここで違う名前が。一番仲良しの女の子だもんね。

このあと、Nちゃんと一緒にプールに行ったのでその時にこの話をしたら、Nちゃんのお母さんもウケていただく。
しかし肝心の?Nちゃんは
「え〜。でもNはお父さんと結婚したいからな〜」

…フラれちゃったね。1号。

? posted by Yumikoit at 09:12 pm pingTrackBack [0]

 

グリフィン

グリフィン

森脇真末味著
 出版社 早川書房
 発売日 2004.04
 価格  ¥ 840(¥ 800)
 ISBN  4150307571
★★☆☆☆
[AmazonLink |bk1Link ]

先日読んだ「アンダー」がよかったので、借りてきました。
こちらはミステリィですねぃ。人物の掘り下げ方とか、 舞台設定とか。漫画というイメージじゃなくて、読んでいて気持ちのいい海外の小説を読んでいるような感じ。こういう感性好きですなぁ。うむ。

? posted by Yumikoit at 04:49 pm pingTrackBack [0]

 

捩れ屋敷の利鈍

捩れ屋敷の利鈍

森博嗣著
 出版社 講談社
 発売日 2002.01
 価格  ¥ 735(¥ 700)
 ISBN  4061822314
★★★★☆
[AmazonLink |bk1Link ]

Vシリーズ第8作目。
結局のところ、私はVシリーズよりもS&Mのキャラクターたちにミーハーっぽい興味があるから、S&Mの方が好きなのかもしれない。
今回西之園萌絵が出てきていっそうそう思ったり。
つーか、多分、紅子さんよりも萌絵が好きなんだね。犀川センセー、今回は電話の向こうだけでちょい残念。
読んでいてふとこれ、Vシリーズ最終巻?とか思いましたが、まだあと2冊ありますね。さて、シリーズのシンボルと化していますがエンジェルマヌーバはどうなるのかな。

メビウスの輪を建物にしてしまうなんて、壮大なオモチャだな。

? posted by Yumikoit at 03:27 pm pingTrackBack [0]

2号寝かしつけ

私が子供たち二人を寝かしつける時には、私の隣に2号。2号の隣に1号が寝る。
1号が選んだ絵本を読み、2号が絵本を持ってくると1冊だけ読み。灯りを消す。

この体制で寝るようになって、当初は2号の身体越しに私の足を絡めないと寝れなかった1号も、最近は5分かからずにコロンと寝付くようになった。勿論昼間の運動量が必要なのは間違いのない話で、暑い日は灯りを消すなりタオルケットを抱えて窓の下まで移動して長々と寝る。

2号は身体をぴたりと寄せて、お尻をとんとんと叩きながら、日によっては低い声で歌を歌う。
大体ラピュタの主題歌か「七つの子」で寝るけれども眠くない日は一緒に歌いだしたりするので(笑)注意が必要。
途中でお尻をとんとん叩くのをやめたりすると、自分でお尻を叩いて要求したりする。

眠くなると、私の身体の下に腕を差し入れてくるのも2号だ。
これは生まれたばかりの頃、沿い乳で寝たあとすぐに起きないように、私が普段使っている枕を2号の顔に沿わせて両手で抱かせたりしていた影響だと思われる。
仰向けよりも身体を横にしたほうがよく寝るし、私の匂いがしているものが傍にあると安心するかな、という程度の根拠だけれども。
私の身体の下に腕を差し入れてくるなんて、重くないのかなぁ。私は居心地が悪いので結構嫌いなんだけど。

そういやなんで「七つの子」なんだろう。
…あ、そうか。1号が小さいころの子守唄代わりに色々歌っていたら、あの子はリクエストがうるさい子で、今日は「ぞうさん」昨日は「こうまのおやこ」…とその日によって歌ってほしい歌が違ったんだ。
しかも喋れないくせに、自分の歌ってほしい歌が出てくるまで「あ〜!あ〜」と抗議の声を上げるんだ。
で、一番よくリクエストになった歌が「七つの子」だったんだなぁ。

? posted by Yumikoit at 08:47 pm pingTrackBack [0]

 

フッ素塗布はホントに安全なの?

確かに、自然には投与しない化学物質を歯に塗りつけるわけだから、心配は必要なのかもしれないなぁ。
http://www.sweetnet.com/fluoride.htmLink

? posted by Yumikoit at 01:48 pm pingTrackBack [0]

<< 2004.7 >>
SMTWTFS
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 

読書メーター
Yumikoitの最近観たビデオ

Itofamily.com Home
T:430 Y:3304 Total:18688009 Online:11