小鳥を救った話

神社に向かって歩いていくと、前を猫が横切った。
縞々の、とらねこ。

おー。猫だ。
と思って、入って行った家の庭先をつい覗く。

ちょこん、ときれいに背中を向けてお座りしている。
目線は、上。

目線の先は…玄関の軒先にかけてある鳥かご。
おぃおぃおぃ。

猫。こちらの気配に気がついて、「鳥なんかしらないもーん」とこちらに向き直ってスフィンクス座り。
笑。
そうだよなー。獲物じゃないもんなー(にやり)
落ちていた木の小枝で猫と遊んでみる。
猫は視線だけで小枝を追うけど、飛びかかって遊ぶほどの気持じゃないらしい。
そりゃ生きた小鳥とじゃ、面白みは全然足りないんだろうけど。
しばらく遊んでから立ち上がると、猫の方も立ち上がって家の反対側に消えてった。

ちっと楽しませてもらった出来事。

? posted by Yumikoit at 08:14 am

この記事に対するコメントは締め切られています

<< 2010.7 >>
SMTWTFS
    12 3
4 5 67 8 9 10
11 12 13 14 1516 17
18 19 20 21 22 2324
25 2627 28 2930 31
 

読書メーター
Yumikoitの最近観たビデオ

Itofamily.com Home
T:2496 Y:10795 Total:13418274 Online:2905