誕生日はケーキを買わずに

1号、10歳の誕生日である。
朝ご飯を食べた後でふとつぶやいている。
「10年前の今日は、まだ生まれてないんだよ」
そりゃそうだ。あんたが生まれたのは午後の4時ころだもん。

普通どおり午後学校から帰って来て、バタバタと宿題を片付ける。
「今日はどの道を通ってドッジボールに行こうかなぁ」
とワクワクしている。最近、道の探索に凝り始めたようで、知っている道知らない道を組み合わせて新しいルート探究をしているようだが。
「ねー♪おかーさん、どの道が一番早いと思う?」
…いつも使ってる通学路の道(きっぱり)。

…。1号。2日連続で名札忘れて学校に行ってるよね。
今朝は余裕こいて折り紙してたくせに、ランドセル背負う段になって名札が見つからなくて
「間に合わないから帰ってから探すっ!」
って忘れたまま学校に行ったんだもんね。
見つけてからドッジボール行かないと、明日も同じことになるよ。

いつも乱雑で、謎の紙箱が沢山おいてある1号の机。「探せ」と言われると、まずその箱の整理から始めるので見つかるまでにとても時間がかかる。
ようやく見つけた時は練習時間ぎりぎり。
遠回りするんじゃないよ。いつもの道行きなさいよっ。

というわけで、7時半。迎えに行った飼猫氏と共に1号がドッジボールから帰宅。2号は8時半帰宅。
1号は飼猫氏と帰宅時に、コンビニによってきたらしい。コンビニスイーツで、2号の帰宅後にみんなでティータイムである。
…あ。ケーキじゃなかったからうっかり、1号に誕生日おめでとうって言わなかった気がするわ。

? posted by Yumikoit at 10:21 pm commentComment [1]

雷と2号。

夜、雷雨。
雷の好きな飼猫氏は、灯りを消した部屋でカーテンに隠れて窓の外を見ている。
ビカッ。…………………ゴロゴロゴロ。

フッ。
リビングにおいてある私のパソコンのモニターが再起動した。
ありゃりゃ。
本体は大丈夫だったみたいだけど、危ないねぇ。
パソコン周りをすべて電源を落として以降の雷に備えることにする。
…どうやら飼猫氏のパソコンは、本体ごと再起動したらしい。飼猫氏もすぐに電源を落としている。

10秒とかそこらの停電が2,3回起こる。
あー。もう。1号、灯りついてるうちにお風呂入ってきちゃいなよ。そしたらあとは寝るだけでしょ。
テレビを見たり本を読んだりしていた1号だが、名残惜しそうに風呂に向かいつつ
「風呂に入ってる間に停電になったらどうするんだ」
とブツブツ言った。

とっくの昔に風呂も入ってあとは寝るばかりの2号。
もう8時だしさ。テレビも点いたり点かなかったりだし、寝ちゃってもいいんじゃないの?
「ええええー。それは嫌だー」
…知ってる。だって2号は雷怖いんだもんねぇ。

飼猫氏が手招きして、2号と一緒に雷を眺める。
しばらく見ているうちに、ちょっと怖いのが収まったらしく1号が風呂から出るのを待って寝に行った。よしよし。

? posted by Yumikoit at 09:14 pm

1号保護者会。

先週火曜に捻挫して、3日で復活、昨日のスポーツ大会は大活躍だった1号。

今日は1号の保護者会。2号の方は既に先週末に終わっているのだが、おかげで1号の友だちのお母さんに会うたびに
「大怪我したって子どもが言ってたんだけど」
「もう良くなったの?」
「昨日の大会、大丈夫だった?」
「回復早かったねぇ」
と言われ続ける。

確かに、今回は怪我の初日と翌日は痛みがひどくて殆ど足を地面につくことができなくて、びっこを引いていたので、私も今回のスポーツ大会は絶対にダメだと思って一度は出場キャンセルの連絡をしたほどである。
しかし2日目の午後からは意地でも自分で歩いて、3日目には「明日は暴れていい?」とまで回復。

…だがいつもいつもギリギリで本番に間に合うと思って欲しくない。もう怪我して欲しくないなぁ。

? posted by Yumikoit at 08:03 pm

味見と2号。

昨日のことなんだけど。

朝ごはんを作ろうとして、卵を一つ出す2号。
深皿に、卵を割る。
醤油をたらす。…ちょっと多かったらしい。
踏み台を出してきて、少し高い棚に置いてある砂糖をとる。
砂糖のタッパに入っている大さじで、砂糖を卵に入れて…塊だった砂糖を崩そうとその大さじでつついて大さじを汚して、私に怒られる。
私は大さじをさっと洗って、砂糖タッパに代わりのきれいに乾いた大さじを入れておく。

私は洗濯物を干しに、ベランダに移動する。

しばらくして戻ってきた時、卵焼きを焼き終わった2号、皿に卵焼きとトマトときゅうりを盛り付けて…あれ?
卵焼き、一口分しかない。どうしたの?

「お試しで食べすぎちゃって…」
って、味見し過ぎたらごはん食べ始める前におかずなくなるやん…。

? posted by Yumikoit at 08:23 pm

竹刀忘れた…

1号はまだ通院が必要だがスポーツは完全復帰OKがでて、張り切っている。
今日は1日チームの練習が入っているが、午後から抜けて地区対抗スポーツ大会の練習の時間が割り当てられている。飼猫氏も同伴。大忙しである。

2号はというと、剣道の親睦のためのバーベキュー大会。
おにぎり準備して、おやつも入れて。
集合場所まで行ったら、「オレ、川に入れると思ったからした水着着てきてるもんね!」という友だちの言葉にのせられて一度家に水着を取りに帰る。

というわけで、1日楽しんだ2号。
川遊びもして昼間だが花火もやって。河原でボール遊びもして。
夜は剣道の稽古があるので時間に合わせて道着に着替えて出かけていく。

さて、ここで私は一息。
…。
電話が鳴る。あら。剣友会の役員の方。
「2号くんが竹刀忘れたっていうんですよー」
…。あいつは何しに道場に行ってるんだろう。
済みません。すぐに行きます。
とはいったものの、竹刀が見つからない。つーか、出かける時に竹刀袋をかついで行く様子が記憶にあるんだよ。
ダメもとと思いながら道場に行って、道場の2号の荷物を見る。
相変わらず防具袋はチャンガラにお店を広げたままだなぁ。周りに…竹刀袋はないか?
一通り見て…うーん。剣友会の道具が入っているプラボックスの後ろ。それって…やっぱり2号の竹刀袋じゃないか。

…竹刀を忘れたかどうかくらい、覚えていてほしいもんだ。2号。

? posted by Yumikoit at 06:34 pm

2号、お休みなさい。

学校に行く時間である。

名札を付け、ランドセルを背負った2号が私に言った。
「おやすみなさい」

…寝てもいいけど????

? posted by Yumikoit at 07:31 am

1号の捻挫。その後。

足をねん挫した1号。
今回は初日の痛みがひどかったものの、ひと晩寝るとだいぶ痛みはひいたらしい。
よかった。もし内出血してたら長引くだろうと覚悟してたんだ。

それでも病院では「とにかく3日間はなるべく足を使わせないように」と言われているので、初日は朝だけ自転車に乗せて送っていく。
校門を入ったところで、同じ町内の子に呼び止められる。
「1号くん、足どうしたの?」
ひねっちゃってさぁ。
「ええっ!土曜日どうするのっ?」
…スポーツ大会だもんねぇ。ダメだろうねぇ。

帰りは「絶対に歩いて帰る」というので、1号が歩く後ろからついていく。
同じ下校班の子の足には到底追いつけないほどゆっくりゆっくりと足をかばいながら歩く。
当然ドッジボールは休み。体育も見学。
「体育は見学だった。つまらなかった」
と毎回同じような日記を書いている。えーぃっ。「見学」ってのは「見て学ぶ」んだ。つまらないなんて言ってないで、何か学んで帰ってこいっ!嫌なら怪我してくるな!

2日目。つまり今日である。
歩いて学校に行く、というので後ろからついていくが、やっぱり登校班の子の足には追いつけない。昨日の帰りよりはだいぶ早く歩けるようになったけど、ゆっくりゆっくりと登校。
帰りはだいぶ早く歩けるようになり、前日の病院は私の自転車に乗せて連れてったけど今日は自分の自転車を大分力強く漕げるようになった。
病院でも、「痛くない」と主張する1号。
「明日プール入れる?」と先生に質問。
「うーん…無理をしなければ入れないこともないけど」
と先生は言うが、先生。ここでOK出したら、1号のことです。プールだけではなく休み時間も全力疾走Link するのは目に見えています。せめてあと1日、置いてからOK出してください。

それでも1号、もしかしたら明日は普通どおり動けると思ったらしい。
プールのOKは出なかったが、病院を出たところで
「お母さん、休み時間暴れるのはいいかな」

………。
バカたれっ!ダメに決まってるだろうっ!!!!!!
   つーかそれをやられるのが嫌でLink ストップかけてもらったのになぁ。

? posted by Yumikoit at 08:25 pm

2度あることは3度ある

1号の表情というか緊張感というか。
ここんところ精彩がないので、そろそろ怪我をするかケンカをするかと心配していた。

で、今日午前中。学校から電話がある。
「1号くんが階段から落ちまして…」
…。またですか…。

1度目は2月Link 。下校中の歩道橋でふざけていて足を踏み外し、捻挫。
2度目は先月Link 。学校で階段でふざけていて足を滑らせた。しかも運動会直前で、リレーの選手として出れるかどうか、寸前までヒヤヒヤさせられた。

3度目も階段かいっ!
しかも前回から1ト月しか経ってないじゃないかぁっ!!!!

仕方ないので出先から一度戻ってすぐに学校に行く。
今度は左足の甲。外側。
軽くすりむいているけど、それは大したことない。赤くなってて打ち身かなって感じだけど、形が変わるほど腫れてるわけじゃない。
「でも内側から痛い感じがするんだ」と1号。

今からなら午前中の診療に間に合うのですぐに行こうか、と提案。
もともと、先生もそのつもりで電話をくれているのだが。
私の自転車で移動か、自分の足で歩いて移動させられると思っている1号は、そんなのは嫌だ、と午後まで引き延ばすつもりらしい。
…もう4年生だし、背も高い。私の自転車の補助椅子に乗せるのは確かに危ないし、漕ぐ私の方も本当は怖いんだけど、他に移動手段がない以上仕方ないじゃないか。
自転車でどうにもならなくなったら、そりゃタクシー使うけどねぇ。

とりあえず説き伏せて、自転車の後部座席に乗せ、病院に行く。
レントゲンの結果、骨には異常なし。
触診で、足首や周囲の筋肉にもあまりまだ影響がない様子。
「ひねったのはここのじん帯ですが…大したことはないと思うんですが、この後内出血などで腫れるかどうか2,3日様子を見ないと確かなことは言えないんですが」
うぅぅ。

今週末なんだよな。子ども会の地区対抗スポーツ大会。しかも種目がドッジボール。
とにかく早く治せっ。1号。

? posted by Yumikoit at 04:25 pm

でかいサンドイッチ。

土日の朝は、それぞれにご飯を作って食べる。

今日の1号の朝ごはん。

1号朝ごはん


卵焼きらしきものとハムとレタスのサンドイッチ。
最初、レタスを1枚だけ載せてきたので、
「それで野菜足りるんかい?」
と聞いたところ、もう一枚だけ足してきた。それで本当に足りるのか。

ちなみに、パンは6枚切りをそのままで2枚使って。

「いただきまーす!」
…。
「くっ、口に入らないっ…」

慌ててもう一枚皿をもってきて、「2つのオープンサンドイッチ」としてようやく食べておりましたとさ。なんだかなぁ。

? posted by Yumikoit at 08:41 pm

着替える時に…

2号が剣道に行く前に、道着に着替えている。
リビングに道具を全部持ってきて、ソファの横の床の上にそれらを置く。

ズボンを脱ぎ、Tシャツを脱ぐ。
なぜかそれらが床に落とされる場所は、剣道の道着が置いてある場所よりも50センチはずれていて、しかもズボンが置いてある場所とTシャツが置いてある場所もまた離れている。

道着にそでを通しながら、足はテーブルの周りをゆっくりとぐるぐる回るので、毎回のことながら
「歩きまわらないで一か所で着替えなさい」
と声をかける。
特に返事もせず、しかし聞こえてはいるシルシに、防具袋の横まで戻って来てそこで道着の紐を結び、袴に足を通す。
袴に両足を突っ込んでから、袴を引っ張り上げ、袴の紐を結び始めたが、やはり歩きだして歩きながら袴の紐を結ぶので
「歩かないで、足は動かさないで紐を結びなさい」
と言うと。

…。
「むっ、むつかしいよぉ…」
うーん。歩きながら着替えるってのは、2号にとっては着替えるためのゼンマイみたいなものなのかしら。
でも、例えば試合会場とかだと着替える場所もそんなに広くはないしねぇ。歩かなくても着替えられないと困ると思うんだけどなぁ。
学校でも体操着に着替える間、ずっと教室中歩いてるのかなぁ。

? posted by Yumikoit at 05:06 pm

<< 2010.6 >>
SMTWTFS
  12 3 4 5
6 7 8 910 1112
13 14 15 16 17 1819
20 2122 2324 25 26
27 28 29 30    
 

読書メーター
Yumikoitの最近観たビデオ

Itofamily.com Home
T:1856 Y:5287 Total:18396276 Online:190