りすがたねをおとした

Related

ハリス・ペティ作・わたべようこやく
 出版社 ペンギン社
 発売日 1978.07
 価格  ¥ 1,050(¥ 1,000)
 ISBN  4892740047
★★★☆☆
[AmazonLink |bk1Link ]

最初のページは、
 りすがたねをおとした。
の1文だけ。

次のページは
 りすがたねをおとした。
 そのたねからめがでた。
と下に一文つながる形で、どんどん文章が下に伸びていく。

リスが落とした種から芽が出て、どんどん伸びて。その芽を見つけた男の子が家の近くに植え替える。そして雨が降って日が照って、土の下では虫が成長して。土が肥えて根が張り、どんどんまた樹が成長する。花が咲き、ハチが来て受粉して、実がなる。

なぜ途中で男の子が出てきたかが違和感があったが、最後のページで男の子が収穫したさくらんぼをケーキに焼いているシーンで納得?
そしてケーキの作り方。
ケーキに載っているさくらんぼも、こうやっていろいろなものの力を借りて収穫されてくるんだね。
なんか、ほほえましい。

? posted by Yumikoit at 10:44 pm pingTrackBack [0]

この記事に対するコメントは締め切られています

<< 2004.9 >>
SMTWTFS
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
 

読書メーター
Yumikoitの最近観たビデオ

Itofamily.com Home
T:2179 Y:6002 Total:21753964 Online:828