1号、お疲れ?

週末はドッジボールの大会でお疲れだった1号。
しかし「大丈夫!」の一言で一蹴して、なかなか夜は寝ない。早めに布団に入れてもいつまでも2号としゃべっている。
朝ごはんの皿をテーブルに運ぶように頼むと、皿をテーブルに置く瞬間に皿の上のモノがこぼれてしまったり、牛乳をコップに注ごうとしてこぼしたり。
学校から持ち帰るプリントも細かいミスが目立つ。
大丈夫なんかね。このオトコは。

さて火曜日。週で1回だけ、授業数が少なくて早く帰って来る日。
案の定帰ってくるなり、ドッジボールの友達の家に行くという。
はぃはぃ。ちゃんと宿題して、風呂掃除してから行くんだよ。
宿題にかける時間は短かく、そして遊ぶ時間は長い方がいい。
あっという間に飛び出していく1号。

2号の方はというと、「ちょっと、公園に遊びに行ってくるね」と隣の丁目の少し大きな公園まで一人で自転車を走らせて出ていく。
…一応、隣の校区なんだが。いいのかな。まぁいいよね。大きな通りも横断しなくていいし。
あー。二人目はこういうところ楽でいいなー。

夕方。一足早く帰ってきた2号。「ただいまぁ!」と元気に帰ってきた1号。
ところが風呂から出てきたころから1号がへたってしまった。どうしたのよ。
机の上に突っ伏している1号に声をかける。
ほっぺたと、耳が真っ赤。これは熱が出る兆候だな。
ためしに測ってみる。37.7度。
うむ、やっぱり疲れが出たかな。ごはん食べられる?
「ご飯よりも寝る…」
そか。寝る方が先だね。布団敷いて寝てしまいなさい。

単なる疲れだといいけどね。
まったく。自分の体力の限界ってものを知って、もちょっと早めに休むようにして欲しいわ。ぷんぷん。

? posted by Yumikoit at 11:53 pm

 

低レベルな争奪戦

2号。卒園式が終わって一足早い春休みである。
午前中、いつもの神社を通って近所で解放されている絵本文庫に向かう。
2号は神社が割と好きで、鳥居から社に向かう石畳の上をたどるように歩いている。
ついその通った後を目線で追った時…あれ?…拾う。

お。100円だ。

2号が振り返ったので見せる。
私の手から100円を受け取って「おぉー!」と喜ぶ2号。
「1号も時々こんな風にして、拾うんだねぇー」
…そういや学校帰りに10円拾ったとか何とか、持って帰ることがあるな。
「こんなところで100円ゲットできるなんてー!」
とすっかり自分のものにしている気の2号。ちょっと待て。

交番に届けるほどでもないと思うけど。
でも拾ったのはお前じゃない。私だ。と言ってみる。
「えええっ!ずるい!」
ずるいって、あなたが拾ったわけじゃないじゃん。
「だってお母さんは僕よりもたくさんお金持ってるのに!」
そりゃーそうだ。家族全員の食費やらなんやら管理してるんだもん。
でもそれとこれとは別。見つけたのはあんたじゃない。

どうにもこうにも納得しなかった2号であったが。
そういや神社で拾ったんだから、お賽銭として賽銭箱に入れた方が納得したんだな。きっと。<おぃ。

? posted by Yumikoit at 05:15 pm

<< 2009.3 >>
SMTWTFS
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
 

読書メーター
Yumikoitの最近観たビデオ

Itofamily.com Home
T:459 Y:9394 Total:18124904 Online:1111