2号の遠大なる散歩・その2

幼稚園から帰ってきた2号。

朝の雨はすぐに止んで、外はうっすらと薄曇り。風邪はかなり強く吹いているが、2号は元気満々で
「お昼ごはんが終わったら、ふれあい公園に行く!」
という。

てめぇの魂胆は判っているぞ。
43番から大きな数の鉄塔は一通り見たから、今度は逆方向に行こうという魂胆だろう。

目当ては、ふれあい広場の向こうにある鉄塔らしい。
家の近くから初めて、自転車であっちだこっちだといいながら高圧電線をたどる。
ひときわ小さなかわいい鉄塔。これが、2号が見せたかった鉄塔ね。

でもそのすぐ向こうの林の中に、大きな赤白の鉄塔がある。これは何番だろう。
川沿いの細い道に入って探してみるが、鉄塔の番号がついている札が見えない。反対側かな。
見上げてみると、ここで高圧電線は枝分かれして、別の線が始まっている。
そっちをたどってみる。

「京北線」
そうか。京北線はこっちから始まるんだ。
2号、新たな発見をして大満足。

さ、そろそろ1号も学校から帰るから。買い物して帰ろう。

? posted by Yumikoit at 10:25 pm commentComment [4] pingTrackBack [0]

 

2号の遠大なる散歩・その1

今年度に入ってから、2号の朝のお支度が遅い。
連日、踊りながらもちゃちゃっと支度を済ませる1号をの眺めて時間を過ごしたり、何となく布団にもぐって春眠をむさぼっていたり(しかし、布団のぬくもりを楽しんでいるだけで、寝ているわけではない)。
勢い、私とのバトルも激化する一方である。

前日の大バトルの末に、今日はようやく、1号と同じ時間帯に朝食を済ませ、飼猫氏の出勤も見送ることができた2号。
久しぶりの穏やかな朝に、1号は出かける前のわずかな時間を使ってボードゲームを持ってくる。
…しかし、ゲームの途中で時間切れ。
「やだーっ!1ゲーム終わるまで学校行かない!」
と駄々っ子を無理やり追い出した後で、2号がぼそっとつぶやく。

「ぼく、今日は歩いていく」
げぇぇぇっ。この雨がすぐにも降りそうな天気なのに、徒歩40分近くかかる幼稚園まで送迎しろと?
しかし、この1カ月以上の末の2号の頑張り。報いるのが本当なんだろうなぁ。
がっくりと肩を落として、それでも一緒に幼稚園に向かう。

「今日はねっ♪鉄塔を見ながら幼稚園に行くんだよ♪」
と私の気も知らずに嬉しそうに飛び跳ねる2号。
まずは家から出てすぐのところにある鉄塔。
次は…ひとつは遠くから眺めるだけで飛ばして、線路沿いにある鉄塔。
いつも幼稚園に行く道から外れて、小学校のそばを通る。
43から始まって…45、46、47…。
48番目まで来たとき、雨がぱらつき始める。あ。これは鉄塔の立っている場所の近くまで行けないね。

帰りはさっと時間をかけずに帰ろうと思って、自転車をひきづっている私。
念のために私の分だけ合羽を持ってきたが。2号に着せかけて、胸元のボタンを留める。うーん。裾が引きずるね。たくしあげて歩きなさい。

次は、50番目。ここまで来ると幼稚園はすぐ。
いつも園バスで見送るすぐ前の51番目を見て、大満足で幼稚園に駆け込む2号。はふ。

? posted by Yumikoit at 10:13 pm commentComment [3] pingTrackBack [0]

<< 2008.4 >>
SMTWTFS
  1 2 3 45
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
 

読書メーター
Yumikoitの最近観たビデオ

Itofamily.com Home
T:5140 Y:11607 Total:19252078 Online:767