2号、公園にて

というわけで、午前中はビーズで遊んだが、午後から公園に出かける。
幼稚園らしい女の子、砂場ではだしで山を崩す男の子。キャッチボールやバトミントンで遊ぶ親子。
ブランコでは、中学年〜高学年の男の子が4,5人でゲームをやったりバカ話をしている。

以前、この公園で6年生の男の子に思いっきり遊んでもらった2号。
今日も小学生のお兄ちゃんがここで遊んでくれるのではないかとわくわくドキドキ。
ブランコの周りを行ったり来たり、空いているブランコを見つけてはわざと変な乗り方指摘注意を引こうとしているが、なかなか小学生の気を引くことができない。

そのうち、小学生がコマーシャルネタの豆知識Link などを披露し始め、ジョークを飛ばし始めた。
そのジョークの一つ一つに、相槌を求められてもいないのに大きな声で返事をし、ウケて笑いまくる2号。
しばらくして小学生。
「さっきから、このオーバーなリアクションをしているお前は、誰かの弟か?」
「何年生?」>>>小学校じゃないよー!幼稚園生!
「学校にあがるとしたらどこ小?」
「今はどこの幼稚園?」
などと、めでたく注目を浴びることができて、ご満悦の2号であった。

…母はずっと他人のふりをしてたがな。2号。

? posted by Yumikoit at 11:14 pm commentComment [2] pingTrackBack [0]

 

キリンの鳴き声は?

1号はドッヂボールの試合なので、2号とのんびりと土曜を過ごす。

ビーズが久しぶりにやりたい、というので道具を出してくる。
100円ショップでそろえたビーズと、古本屋で適当に買ったビーズのレシピ集。本格的に始めると、子どもよりも私がはまっちゃいそうなんだけど、男の子二人のこの家でアクセサリーなど作っても誰も感心してくれないだろうと、道具は安易な揃え方である。

ビーズ

数を数えてワイヤにビーズを通すだけだった2号も、いつの間にかビーズの中でワイヤをクロスして通せるようになってきた。もう少ししたら、自分で1体丸々作れるようになるのかしら。

というわけで、今日の作品。
結局今日も根気が続かなくて、2号の作品はキリンの頭のみ。
私の方は、キリンとカメレオン。

2号はキリンを作りながら
「ぱぉ〜んぱぉ〜ん」
と言っていた。
キリンWの鳴き声じゃないよね。ゾウみたいだよ。

? posted by Yumikoit at 11:05 pm commentComment [4] pingTrackBack [0]

<< 2008.3 >>
SMTWTFS
      1
2 3 45 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 2627 28 29
30 31      
 

読書メーター
Yumikoitの最近観たビデオ

Itofamily.com Home
T:2653 Y:9394 Total:18127098 Online:3305