1号、私の自転車に乗る。

というわけで、体調不良の1号。
学校から私の自転車の後部座席に乗って下校。

2号と二人を乗せると重いし危ないから、と。4歳かそこらから、私の自転車の補助椅子にはほとんど乗ったことのない1号。
大抵、母の自転車の横をマラソンで追いかけてくるか、ここ2年ほどは自分の自転車でどこででもついてくる。
つ〜わけで、私の自転車に乗るのは2,3年ぶりということになる。

交通規則改正で、歩道を走れる場所も今よりも減っちゃうんだろうけど、大きな国道が近くを走っていることもあり、歩道に上がったり下がったり。
がたん、がたんと自転車が跳ねると、私の背中しか見えない後部補助椅子の1号にとっては心底怖かったらしい。

眠くて頭痛もひどくてふらふらなのに
「お母さん、ぼくこの横断歩道は歩いて渡るから、降ろして」
などとのたまぅ。
…ここは、だめ。通学路は上の歩道橋。ここは横断歩道じゃなくて、自転車横断道だよ。

次の坂道は断固として降りる1号。ま、私もこの坂道は、1号を乗せて上がる体力はないので助かる。
…しかしなぁ。今は自転車にまだ乗せられる体重だけど(でもすでに限界近く重いんだけど)。
もう少し学年が上がった時は、こういうときどうやって連れ帰ればいいだろうね。やっぱり、タクシー?

? posted by Yumikoit at 10:45 pm commentComment [4] pingTrackBack [0]

 

ホワイトデーと1号と。

1日早いがホワイトデーである。
半日保育で帰る2号を、彼女のバス停で降ろしてもらい、お弁当持参で遊びに行く。
はじめてお邪魔する家。アクアビーズなんてさせてもらって。

のんびり遊びたいところだけれども、1号の帰宅時間に合わせて失礼させてもらう。
自転車で行きは15分かそこらのところだけれども、帰りは上り坂になるからもう少しかかる。しかも行きは一人だったけれども、帰りは後部補助椅子に2号が乗ってるから重い重い。

家の近くの、一番きつい上り坂の下まで来たとき、携帯電話が鳴った。
む。鍵を持っていくように言い置いた1号がもう家に着いたのかしら。今日は早いなぁ。
…違った。学校の先生だ。

5時間目の授業中に頭痛を訴えて保健室にいるらしい。
すぐに迎えに行きます、と言って、2号にその旨を話す。
え〜と。これから家に帰るから、1号を迎えに学校まで行く間、2号は留守番しててね。
「ぼく、ここからなら一人で先に帰るよ」
そうか、まぁこの石段を上がれば、普段一人でも遊んでいるエリアだもんね。大丈夫か。
家の鍵を渡して、そこで2号と別れる。

学校に到着。保健室に向かうと、1号は冷えピタを額に貼ってベッドで寝ていた。
「(ギリギリまで我慢しちゃって、自分では言えないで泣いているところを)お友だちが教えてくれまして」
「熱はあまりないんですが、どうしたい?と訊いたら寝たいと言っていました」
と先生に教えてもらう。
心当たりは、と訊かれて。
─ 先週、やたら早起きしまして、3時4時から隠れてゲームしていましたので、今週のはじめに没収したんですけど…。

ちょっと呆れ顔の先生。ごもっともです(笑)
家に連れ帰ると、半泣きしながらランドセルの中身を片づけて着替えだけすると布団に入って寝てしまう1号。
途中、夕ご飯だけ食べに起きたが、結局朝まで寝ましたとさ。ちゃんちゃん。

? posted by Yumikoit at 10:32 pm pingTrackBack [0]

<< 2008.3 >>
SMTWTFS
      1
2 3 45 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 2627 28 29
30 31      
 

読書メーター
Yumikoitの最近観たビデオ

Itofamily.com Home
T:4437 Y:12817 Total:19215276 Online:273