スリリングな朝

北陸の天気は気紛れだ。

朝。割といい天気かな。
夜の2号のオムツを捨てるためにベランダに出ると、空は明るいのに登校中の中学生が傘をさしている。雨かなぁ。

ご飯を食べながら
「おそと、くらくなったねぇ」
と1号。
歯磨きが終わり、子供番組をつける。
「にほんごであそぼ」がやっている。外で、雷の音。
「いないいないばぁっ」が始まる。バラバラと雨が降り出したようだ。
「いないいないばぁっ」が終わるとジャンパーを着て幼稚園に行く支度をする。

う〜む。今日は2号おんぶだな。
ママコートを着て、1号にジャンパーを着せて長靴を履くように言う。
家を出るとかなり強い風と雨。雷もピカゴロドン、だ。

この風では1号に傘をささせると、風に吹き飛ばされてしまいそうだ。
1号はジャンパーのフードをかぶせて傘を持たせずに出発。
一生懸命歩かせて、何とか幼稚園に着く。

幼稚園の先生が、1号をタオルで拭いてくれた。
「あら〜。雹かしら」
外ではなにやら勢いよく降っているらしい。

まぁぼやいても仕方ないので、昨日まで借りていたクリスマス会のビデオを返却して傘をさして家に帰ることにする。
シャクシャク、と靴の下に雨交じりの雪。
雷は収まったようだ。

家に着くと、2号は背中で熟睡してた(^_^;)

今年は雪がかなり少ないらしいけど、これからどんどんこんな天気が増えるんだろうなぁ。
帰りもかなりスリリングでした…(^_^;)

? posted by Yumikoit at 09:41 pm commentComment [4] pingTrackBack [0]

 

かみであそぼう

こばやしみのるぶん・ふりやようこえ

出版社 ほるぷ出版
発売日 1989
価格  ¥ 1,575(¥ 1,500)
ISBN  4593561248
★★★☆☆
[AmazonLink |bk1Link ]

はがきや厚紙といった紙を使って、紙飛行機、こま、風車、羽根つきの羽根、ブーメランなど色々作って遊ぶための本。

子供風に言えば「わくわくさん(つくってあそぼう、という子供番組)」の本、ということになるだろうか。

これ一冊で結構遊べそう。

しかしこれを夜寝る前に「読んで」と持って来られると、どう読めばいいのかかなり困るぞ。明日、紙を出してあげるからこれをつくってあそぼうね、と一枚一枚ページをめくるしかないぞ。マジで。

? posted by Yumikoit at 09:21 pm pingTrackBack [0]

 

幻惑の死と使途

幻惑の死と使途

森博嗣著

出版社 講談社
発売日 1997.10
価格  ¥ 977(¥ 930)
ISBN  4061819879
★★★★☆
[AmazonLink |bk1Link ]

なんか一気に読んでしまったなぁ。

私は推理しながら読むという読み方をしないのだが、この話は奇数章しかなくて、S&Mの7作目「夏のレプリカ」に偶数章があるという話なので、読み終わってから一緒に借りてくればよかったなぁと反省仕切り。

冒頭に出てきた、萌絵の親友というのが1章の後ばたっと出てこなくなったのは、そちらに関係しているに違いない…。
結構二人のやり取り、好きなので気になる。

さて、本書について言えば表紙裏の「犀川・西之園師弟が明かす驚愕の真実!」という言葉はなんか違うぞ。
いや、推理そのものも結構面白かったですが。

実際には真犯人であった彼が、どこから出てきたのかわからなくて、読み終わって絡もう一度真犯人の登場のシーンを探して読み返したのは秘密…(^_^;)

本書の中で気に入った台詞。
「厳しいなぁ。コンパイラのエラーチェックみたい」

「コバルト65は、自己満足じゃないところが可愛いわ」
の二つ。

? posted by Yumikoit at 04:48 pm pingTrackBack [0]

 

火龍 ファイヤードラゴン

火龍 1

火龍 2

★☆☆☆☆
火龍 1
佐々木 潤子 (著)
出版社 集英社
ISBN  4088483200
[AmazonLink ]
火龍 2
ISBN  4088483715
突如として「何でもいいから読んでいない漫画」が欲しくなって古本屋で手に取ったものを買ってきた。全2巻。

佐々木潤子は、スポーツをテーマにしたコミックとかよく書いていて、生き生きとした動きのシーンとか、とても楽しそうに身体を動かす様子が脈動感あふれていて、「あえて買うところまで行かないけれども」好きな漫画家の一人。

これは、カンフーの得意な少女と中学生にして天才教授の少年との 遺跡から出た「力を持つ石」をめぐるアクション漫画。
ただ、作家本人もコミック見開きなどで言及しているとおり、テーマがイマイチ消化不良なのがとても残念。
敵役となる主人公の弟のキャラクターも書ききれていないしなぁ。
テレビに出演するシーンとか要らないぞ。
ウォンさんが教師として赴任してくるところとか、ストーリーに必然性が弱い展開も多い。どうせ赴任してくるならその前後とかもっと書き込んでよ。
2巻じゃ仕方ないのかなぁ。2巻なら最初からもっとストーリー整理して展開を直せばもっと面白くなるネタだと思うんだけどなぁ。

でもまぁ、佐々木潤子本来のアクションシーンが読めたから 許すか。<おぃ!

? posted by Yumikoit at 04:41 pm pingTrackBack [0]

<< 2004.1 >>
SMTWTFS
    12 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 

読書メーター
Yumikoitの最近観たビデオ

Itofamily.com Home
T:2918 Y:7914 Total:779645 Online:28