はぃ、オムツどうぞ!

最近、2号は「オムツもって来て!」と言うと自分でオムツを持ってくるようになった。オムツを替えて欲しいと思うときにも、もって来る。
でもまだ数の概念がないから、かごに入れてあるオムツをありったけ持ってくる。

さて、1号の方はマネマネ星人。
2号が「がぅ!が!」とかナン語を言い始めたのでよくまねしている。
「が!が!(お水ちょうだい!)」
と2号がいえば、1号もコップを差し出して
「が!が!」
と言っている。え〜い!お前はしゃべれるだろうがっ。


今日も2号が絵本を差し出して
「ぐぁう、がぅ」
と言うので1号も絵本を持ってきて
「ぐあぅ、が〜う」
と言う。

「1号よぉ。あんたは赤ちゃんなの?」
と訊くと
「そぉなのぉ」
と言うので
「じゃあ、全部2号と一緒にしてあげようね。まずオムツ持ってきなさい。パンツじゃなくてオムツにしてあげるから」
と言うとさすがに痛くプライドを傷つけられたのか怒ってしまった。
「イヤッそうじゃないっ。ぱんつっ」

しかし、2号は黙って消えて、両手に持ちきれないほどのオムツを持ってきた…
ううむ。お兄ちゃんが自分と一緒にオムツを付けてくれるというアイディア、そんなに気に入ったのだろうか…(-_-;)

? posted by Yumikoit at 10:42 pm pingTrackBack [0]

 

モーモーまきばのおきゃくさま

モーモーまきばのおきゃくさま

マリー=ホール=エッツぶんえ・やまのうちきよこやく

出版社 偕成社
発売日 1995
価格  ¥ 1,470(¥ 1,400)
ISBN  4032010501
★★★☆☆
[AmazonLink |bk1Link ]

少し体調が悪いので、仕事始めの飼猫氏に早く帰ってきてもらい、子供たちを風呂に入れてもらった。
というわけで1号の寝かしつけは飼猫氏。
この絵本は、2号に読んでやったもの。

モーモー牧場に住んでいる牛さんは、牧場のおいしい草を他のヒトにも食べさせてあげたいわ、とつぶやく。それを聞きつけたカケスが、「じゃあお客様を呼ぶといいわ。私が呼んできてあげる!」と飛び立つ。
でも意地悪カケスが呼んできたのは、馬、ヤギ、豚、子羊の他、なんと犬や猫やガチョウ、雄鶏、雌鳥、ネズミまで!

ご馳走の時間になって牛が草を勧めると、案の定お客様は次々と帰ってしまう。カケスがそれをみて「ほ〜らね。やっぱりみんなすぐに帰っちゃうでしょ」と笑う。
でも、馬やヤギ、子羊さんたちは気持ちよくズ〜〜〜っと、モーモーまきばのおきゃくさまになって、お友達にご馳走できた牛さんは本当に幸せでした…

価値観の違いとか、そういう難しいことは子猫どもには判らないだろうけど、私は割りと好きな作品。
ただ、買ったのはずいぶん前なのに、途中まで読んで1号はそれ以降一度も読み返そうとしない。
どうやらパッとしなかったようだ。

2号はおとなしく聞いていたけど、どうかな。気に入ってくれたかしら。

? posted by Yumikoit at 09:47 pm pingTrackBack [0]

 

かじだ しゅつどう!しょうぼうしゃ

かじだ しゅつどう!しょうぼうしゃ

おおはらひできさく・たくのだいすけえ

出版社 PHP研究所
発売日 2001.05
価格  ¥ 1,155(¥ 1,100)
ISBN  4569682804
★★★★☆
[AmazonLink |bk1Link ]

1号が図書館で新年早々真っ先に選んだ本。
3DのCGで描かれた絵柄。

おじいちゃんが居眠りして、ポトリ、と落としたパイプから出火。気づいた時には部屋中火の海!
あわてて消防署に電話するおじいちゃん。同じマンションの住居に家事を知らせる孫娘のミサちゃん。

機動的に火事を消したり、逃げ遅れた犬を助けたりする消防士の様子を描く。

働く車が好きな1号のつぼにはまる絵本。


そういえばさ。私の小さいころ(歳がばれる!)、早朝に「はたらくおじさん」ってやってたけどあれを今見たら1号大喜びだと思うんですが。DVDとか出ていないの???

? posted by Yumikoit at 09:10 pm pingTrackBack [0]

 

まどろみ消去

まどろみ消去

森博嗣著

出版社 講談社
発売日 1997.07
価格  ¥ 798(¥ 760)
ISBN  4061819704
★★★☆☆
[AmazonLink |bk1Link ]

森博嗣の短編集。
一番好きだったのは、[キシマ先生の静かな生活]。
学生時代の恩師を思い出す。イメージは違うけれどもね。
やっぱり部屋の中に所狭しと本を積み上げ、ひなが一日微分方程式と取っ組んでいるような、どっか俗離れした方だった。
森博嗣氏の研究に対するひとつの姿勢を垣間見るようである。
ただ、文系を自認する方々には理解できない話であるかもしれない。

垣間見るといえば[やさしい恋人へぼくから]。
一人の同人仲間との出会いを描く。異性を感じさせないところがいい、という。
 今でも、私の大好きなダンナ様。
で終わらせるところがいいかな。
スバル氏、と相手の名前をつけているから、夫人へのひとつのラブレターなのだろうか。なんかほほえましい気がする。

[虚空の黙祷者]
夫が失踪。しかも同じ夜に夫の親友の父親が殺される。現場には夫の指紋のついた刃物が。
夫の親友は5年後、夫人にプロポーズする…
ストーリーとしてはS&Mのような完全理系の同氏の作品ばかり読んできた身としては、なんとなくありがち。

[純白の女]
サイコミステリィというのかな。こういう分類はよくわからない。綺麗なものだけを見ていたい。そんな感じのお話。
ちょっと詩的。

[彼女の迷宮]
夫が書く小説の主人公は私と同じ名前。私とは全然違っていて、私の理想…
その作品の中の自分に嫉妬する。
作品の中の私をめちゃめちゃにしてやる…
留守の間に摩り替えられ、雑誌に掲載されてしまった小説を見て夫は…

[真夜中の悲鳴]
スピカ、というボーイッシュな女性は同氏の夫人がモデルなのかなぁとおもって読みました。なんとなく。
大学の研究室を舞台にしたミステリィというつくりです。

[ミステリィ対戦の前夜]
S&Mシリーズの番外というところか。犀川先生は出てこない。ミステリィ研で泊まりこみで作品批評会をしている。萌絵がどの作品も一途両断に…そしてミステリィ研の部長は。
萌絵の性格描写がちょっと甘い気がする。いや、それがポイントなんだろうけどもう少しはっきり書き分けてもいいと思うんだけどな。
いずれにしてもネタとしてはB級。

[誰もいなくなった]
これもS&M。ミステリィ研の このなぞは解けるか?といったイベント。萌絵がミステリィ研の仲間と一緒に自信たっぷりに動き回るが…最後に犀川に鮮やかに解かれてしまうシーンが好き。

[何のためにきたのか]
ミステリィではありませんね。でもなんか好きな作品です。
現実の表と裏、といったところかな。

[悩める刑事]
立場の逆転、か。最初、厚かましく噂好きで、下手の横好きでとにかく事件に首を突っ込みたがっていた妻のイメージが、最後の数行で裏返ってしまう感じがよかったかも。
夫哀れ?

[心の法則]
石に色を塗る、というと今は「おかあさんといっしょ」の「へんし〜ん」のコーナーを思い浮かべます。
いやいや、これは壁にその塗った石を並べて作品を作るんでしたね。

? posted by Yumikoit at 05:00 pm pingTrackBack [0]

<< 2004.1 >>
SMTWTFS
    12 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 

読書メーター
Yumikoitの最近観たビデオ

Itofamily.com Home
T:2953 Y:4477 Total:18383071 Online:111