2号、落ちた。

1号、週に一度の4時間授業の日は、ほとんどといっていいほど友達と約束をしてくる。
今日はどうするの?
「えーとね。今日はK谷くんと、S河岸公園であそぶ!」
ほぉ。珍しい相手とだ。うん。ちゃんと宿題してから行ってね。

2号も行きたいというので一緒に自転車を並べてついて行く。

ポケモンカードとデュエルマスターズカードの交換大会。
公園に出てまでとは思うが、まぁいつものこと。
そのうち、カード交換も終了して走り回り始める。

ここは古い舟運の歴史を残す公園で、水路があったりザリガニもいる小さな池様のものがあったり、端の方がだいぶ切り立った山のようになっており、そちらの石段を登って行くと神社に出たりする。
石段の周りには、土止めのように柵がうってあり、その下に小さな小さな用水路も流れている。

1号がそこに飛びつき、よじ登り始めると、2号も一緒に飛びついて登り始めた。
まったく…二人ともサルだあぁ。

どごっばきぃっ!
すごい音のあとで、2号がわきわめく声が聞こえた。
落ちたなぁぁぁっ!

慌てて駆け寄ると、普段はこういうとき全く他人事の顔をしている1号が青くなっておろおろして
「だいじょうぶ???」
と言っている。
多分…1メートルかもうちょっと高い所から落ちたと思う。
何かの立札の板をぶち割って、下の水路の石畳に頭から突っ込んだらしい。
水量が大したことないので、ズボンとちょっと髪が濡れたくらい。
ケガは…切ったところはないね。腕のも、泥がついているだけみたい。もちろん、これはのぼっている最中の可能性もある。

1号からタオルハンカチを受け取って、水道まで連れて行き、泥の腕を洗う。
血が出ている様子もないし、痛がる様子もない。うん。大丈夫。

「板…割っちゃった」
うん。これはあとで公園の事務所の人がいる時に、ごめんなさい言いに行こう。
  > 30分くらいして事務所の人が戻った時にちゃんと言いに行きました♪


ふと見ると、1号は私が駆け付けた時点で、2号を気遣う必要はもうないと判断したらしく、遊びの続きをしに行っている。バカものっ。

? posted by Yumikoit at 08:13 pm commentComment [6] pingTrackBack [0]

この記事に対するコメント[6件]

1. 綾小路 Website — June 17, 2008 @21:47:36

へえ、公園でカードですか〜
風で飛んじゃったら怖いですよね(笑)
そういえば、息子のよく遊びに行く公園では
6年くらいの子たちがデュエルしてます。
見てるとハラハラします(飛びそうで)。

2号くん、怪我しなくて良かったですね。
1メートルって結構高いですもんね。

Owner Comment Yumikoit Website  June 21, 2008 @11:07:22

そうそう。なんで公園まで来てカード?と、風で飛ぶじゃねーか、とか、なくしても自己責任だよ、とか。
色々言葉が頭の中を錯綜します。
つーか、輪ゴムをあずま屋の上に飛ばして遊んで、とれなくなってぴーぴー言ってるようじゃだめじゃないかと>1号。

3. まじん — June 18, 2008 @01:18:19

ケガもなかったようで、何より。
テレビニュースとかで見る限り、こういうときに「公園の管理体制」うんぬんをおっしゃる親がいらっしゃるようだけど、どうにもこうにもおいらには理解ができない……。

Owner Comment Yumikoit Website  June 21, 2008 @11:11:54

この公園、特に、子ども向けの公園てわけじゃなくて遊具が全くなくて、水場の周りにも柵が役に立たない程度しかなかったり、遊歩道ばかりだったりするんですが。
いわゆる児童公園じゃなくて、史跡公園なんですね。
ただ、学校の授業で来ていたこともあり、子ども達にはそれなりになじみもあるようです。

しかしまぁ、それはそれで置いておいて
「公園の管理体制」うんぬんについては私も同意見。
先に、「うちのバカが、お騒がせして申し訳ありません」と頭を下げるべきですな。

子どもの方が、こういうところで飛び跳ねたら危ないとか上ったら危ないとか。そういうことも自分で学ぶようになってほしいものです。

Up5. 実茶 Website — June 19, 2008 @10:55:05

カード交換ですかぁ〜。懐かしい。
怪我が無くってほんとによかったですね。

1号くんのだいじょうぶ??がちょっと可愛い。
また見に来ます^^

Owner Comment Yumikoit Website  June 21, 2008 @11:12:56

実茶 さんもやってたか〜?カード交換。
怪我がなかったのはホッとしましたが、2号は基本的に無茶をする子なので、今後も同じようなことは起こるのでありましょう。
ま、その中で自分の限界を自分で学べばそれでよし、です。ふふふ。

この記事に対するコメントは締め切られています

<< 2008.6 >>
SMTWTFS
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 2324 25 26 27 28
29 30      
 

読書メーター
Yumikoitの最近観たビデオ

Itofamily.com Home
T:1572 Y:6586 Total:14118788 Online:361