鉄塔 武蔵野線

マイミクのとみのさんから借りる。

幼稚園から帰ってきて、おやつを食べた2号に
「面白い本があるよ」
と手渡してみる。
漢字がいっぱいで、ふりがなもふってない文庫本。
じっと見ていた2号が
「読んでー」
というので、読んでみる。

まず一番最初のページにある不規則な腕を伸ばした鉄塔の写真に一撃される2号。
うひゃぁぁ。なんだーこれー。
文体は硬くて、まるで専門用語を並べたようなぎこちない文章。
2号にとってはかなり難しい言葉も並んでいるはずであるが、じっと聞き入って、時々先走ってページをめくり、先にある鉄塔の写真をじっと眺めている。

5ページほど読み進んだところで1号帰宅。
「もういいっ」
あわてて読むのを中断させて、もう一冊借りたコミックスを手にとってわざとらしく読み始める2号。

あとで
「おもしろかったの?」
と訊くと、にやり、と笑って続きも読んで欲しいという。
うーん。この厚さの文庫本を、読み聞かせろと???
サンゴロウよりも苦行になりそうだ。

「でもね。映画も見てみたいな」
映画があることを話すと、目をキラキラさせる2号であった。
とみのさん、洗脳は完璧のようです…。

? posted by Yumikoit at 10:17 pm commentComment [2] pingTrackBack [0]

この記事に対するコメント[2件]

1. とみの — May 9, 2008 @09:01:53

私のじゃなくって、うちの1号の本です:E

うちの1号も本を読んだのは小学3年生になってからです。(さすがに読み聞かせではなかったけど・・・小学生なので難しい漢字はたぶんトバし読み)
映画はたぶん年長で見ていたはずなので、映画からの方が入りやすいと思います。
鉄塔もいっぱいでてくるし、子どもが主役だから、共感できかも。
共感し過ぎて、同じことやりたがるんですが・・・

文章はちょっとぎこちないですが、読み進めれば慣れるとおもいます。(私もまだ1章しか読んでないけど)
あとがきや、解説から読む方が文章こなれていていいかもしれません。


こちらはのだめ一気読みしてしまいました・・・止まらなかった(**!)
あ、チーの本まだ子どもに見せてないやf(--;

Owner Comment Yumikoit Website  May 12, 2008 @20:47:02

そっかぁ。さすがとみの家1号くん。
2号はあの5ページの先、進んでおりませぬ。まずは映画の方を見ようと心に決めているらしい。
とりあえず、鉄塔を見ると狂喜乱舞するのですが、1号が冷たくその様子を眺めているのがまた興味深いです。

…1号はすっかりチーどっぷりだしな(呆)

この記事に対するコメントは締め切られています

<< 2008.5 >>
SMTWTFS
    1 23
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 2223 24
2526 27 28 29 30 31
 

読書メーター
Yumikoitの最近観たビデオ

Itofamily.com Home
T:11221 Y:6133 Total:18641611 Online:12921