最後のラブレター ばらっちからカモメール 続

最後のラブレター

鴨志田穣文・西原理恵子まんが

出版社 スターツ出版
発売日 2004.11
価格  ¥ 1,260(¥ 1,200)
ISBN  4883810291
★★★★★
[AmazonLink |bk1Link ]

サイバラがアル中といい、ヤク中といい、どうしようもない男といいながらそれでも彼女の描くカモちゃんはすごく愛情あふれて描かれていた。
そして離婚後も彼女のコミックには時々現れるカモちゃん。

鴨志田の書くエッセイはなんていうのか、底辺でじたばたしている焦燥感にあふれている。這い上がりたいのに這い上がれない。行き場のない怒りとやるせなさからお酒に逃げる。ただただ、飲み続ける。

妻の方が稼ぎがよかったり、仕事に生き生きしている妻の様子にいらいらしたりはなかったのかな。
ふらりと出て帰るきっかけすらつかめずに旅先で吐血。

周りを思いやるゆとりもない。それでも自分を理解してくれる人、安らぎを求める。
サイバラはその安らぎにはなりきれなかったのかなぁ。

サイバラ自身の描くサイバラと違い、カモちゃんの描くサイバラは、女性らしさにあふれていて母性を感じさせる。

「私たちは共依存なんですって。一緒にいても悪くなるばかりなの。添え木が二本よりかかっているだけなの」
というサイバラの台詞が痛い。
彼女はそれでいい。添え木であることをやめ、自分で立つことを決めたのだから。でもカモはどうすればいいんだろう。あがきが続く。

いつか、二人がまた結びつくことを。

? posted by Yumikoit at 06:34 pm commentComment [2] pingTrackBack [0]

この記事に対するコメント[2件]

1. ヒカ — January 30, 2005 @21:38:19

サイバラって離婚しちゃったんですか?

Owner Comment Yumikoit Website  January 31, 2005 @08:12:28

ヒカさん>そうなんですよ。もう1年以上になるんじゃないのかな!?
 http://www.itofamily.com/yumikoit/index.php?UID=1083568689Link
 の連載中でしたからね。2年近くになるのか。

この記事に対するコメントは締め切られています

<< 2005.1 >>
SMTWTFS
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
 

読書メーター
Yumikoitの最近観たビデオ

Itofamily.com Home
T:10918 Y:6133 Total:18641308 Online:12618