ダンプのがらっぱち

Related

渡辺茂男作・山本忠敬絵

出版社 偕成社
発売日 1992
価格  ¥ 1,223(¥ 1,165)
ISBN  4032310106
★★★★☆
[AmazonLink |bk1Link ]

まぁ普通の乗り物絵本。でもこういう話は初めてかも。

ピッカピカのダンプトラック。10トン積み。
いつも積載容量を守り、交通規則も破らない。だから大きな傷もなくて優等生なダンプトラック。
でもある時、ガラの悪いダンプに煽られ、その仲間の工事車両たちに工事現場でからかわれてから、主人公のダンプは性格がすっかり変わってしまう。
平気で積載容量をオーバーし、道路では周りのクルマを煽りまくる。登り道では登坂車線を守らないので、周りのクルマは大迷惑。
ある時小さい車を煽りまくった挙句に、電柱にぶつかってしまう。気持ちが荒れたまま、高速道路でスピードオーバーしてカーブを曲がりきれずに横転してしまう。
果ては、積載容量の2.5倍もの砂利を無理やり積もうとして…

なんていうのか、道を踏み外したものの末路って話でした。
1号は最後のシーンがかなりショックだったらしくて
「ダンプ、何でこわれた〜???もう走れない?」
と何度もページをめくっていましたねぇ。
お前は大きくなったら安全運転できるオトナに育って下さい。

? posted by Yumikoit at 06:26 pm pingTrackBack [0]

この記事に対するコメントは締め切られています

<< 2004.5 >>
SMTWTFS
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
 

読書メーター
Yumikoitの最近観たビデオ

Itofamily.com Home
T:646 Y:8641 Total:19764048 Online:38