それぞれの甘え方

2号が帰ってきて、ゴロゴロと私の座っている足もとに来て寝っ転がり、私の手を取って頭にあてるので猫を撫でるようにゴロゴロと撫で、耳の後ろをかいてやると、ゴロゴロと甘えているがこっちのかまいたいようにはかまわせてくれないのは全く猫だ。
その内気が済んだのか、学校のこととかお喋りをしておやつを食べて出かけていく。

その後で1号が帰ってきて
「腹減った!なんかない?」
という。

最近はお菓子の買い置きをしておいても知らないうちに1号が全部食べて
「知らない!食べてない!」
と言い張るので、基本買い置きをしなくなった。
えーと。カップケーキ焼いてあるよ。
「おぉ」
と言って食パン2枚にべっとりとジャムとマーガリンを付けたものと、カップケーキの取り分を持って来て食べる。
「他には?」
今日、給食お代わりしなかったの?
「うん。今日はあまり好物じゃなかった」
そうか。

2号は今日は帰りが遅いし、1号にこれから何か作るとすると時間が中途半端だ。
それならいっそ1号に先に夜ごはんにしてしまおう。
おぃ。作ってやるから、その間に、先に風呂入ってこい。
「えええー。焚いてくれたら入る」
そうか、焚いてやるから『オカーサマ、お風呂炊いて』とかわいく言ってみろ。
「オカーサマ、オフロタイテェ」
全く…棒読みのやつ。
風呂を焚くスイッチを入れると、しばらくして風呂場に向かう1号。いちいち全部やってやらないと気が済まんのか、アイツは。
予定の煮魚を作って、チャーハンを作る。

「こっち要らない!こっちだけでいい!」
と、苦手の煮魚は一瞥しただけで見向きもせずチャーハンを食らう。

帰ってきてご飯を食べ終わってから2号が言う。
「明日調理実習なんだけど」
えええっ。知らないよ!そんなこと。
「昨日の朝、言ったじゃん」
言ったじゃんって言うけど、プリント渡されてこれに書いてって言われただけじゃん。
「ニラは?玉ねぎは?」
玉ねぎはあるけど、ニラは先週の餃子で使い切ったよ。
言うなら、学校から帰ってきて出かける前に言ってよ、そしたら買いに行けるのに。

どこまで甘えさせてくれるか、駆け引きをしているような1号、2号である。
迷惑度はどっこいどっこい。

? posted by Yumikoit at 10:55 pm

この記事に対するコメントは締め切られています

<< 2013.10 >>
SMTWTFS
  12 3 4 5
6 78 9 1011 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 2324 25 26
27 2829 30 31   
 

読書メーター
Yumikoitの最近観たビデオ

Itofamily.com Home
T:2208 Y:9394 Total:18126653 Online:2860