長崎堂 黒船

名古屋土産その弐。
長崎堂Link のきんつば詰め合わせ。

黒船外箱

並ぶきんつば



きんつばって、昔は小豆だけだと思ってたんだけど、芋きんつばとかいろいろあるんだねぇ。と、ここ数年知った私。
これもまた、小豆と栗の入ったきんつばの他に芋きんつばが詰め合わされている。

栗きんつば・黒船


まずは栗きんつば。
グリルで両面を軽く焼いて食べるのが最近のお気に入り。
ぱくっと割る。大粒の小豆がきれいー。
やっぱり餡子は小倉だよねぇ。とほくそ笑む。

砂糖がたくさん使ってあるようで、あとに残る甘さ。

次は芋きんつばだよ。

芋きんつば

1号と半分こして食べる。
ねっとりとよく練ってある芋餡である。
栗きんつばよりも甘味は弱く、芋本来の甘み。糖度は高いようだ。
加えてある砂糖は…三温糖かしら。

もいっちょ。これは2号と一つずつ分けて食べる。

紫芋餡


こっちは、紫芋の餡だね。
グリルでちょっと焦げ加減に焼いて割ると、ねっとりと餡が伸びるように崩れた感じがまたおいしそう。
きんとんのように砂糖か水あめを加えて練ってあるんだろうな。
舌触りがすごく滑らか。

三種類とも、わりと砂糖が多めで、甘みの強い仕上がりになっているなぁ。

? posted by Yumikoit at 10:00 pm

この記事に対するコメントは締め切られています

<< 2009.4 >>
SMTWTFS
   1 2 3 4
5 6 78 9 10 11
12 13 14 15 1617 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
 

読書メーター
Yumikoitの最近観たビデオ

Itofamily.com Home
T:1740 Y:5287 Total:18396160 Online:74