1号の替え歌

1号が学校から帰ってきて、替え歌を歌う。
メロディは、サザエさん。

♪戦争しようと町まででかけたが

なんかその歌、いやだよ。
そういうと、今度はまた同じメロディで

♪自殺をしようと町まででかけたが
♪ナイフをー忘れてー

だからいやだってば。

? posted by Yumikoit at 11:46 pm commentComment [6] pingTrackBack [0]

この記事に対するコメント[6件]

1. まじん — June 14, 2008 @00:18:16

子供だから仕方ないし、1号君に罪はないけど、やはり暗い気持ちになってしまいますね。
あの事件から考えさせられることが多くって。変えたいな。おいらにできることは何だろ。

Owner Comment Yumikoit Website  June 16, 2008 @17:20:26

ま、たまたまああいう事件の前後ですから、どうしても大人ばかりが神経質になりますが。
子どもは関係ないんですもんね。
でもまぁTPOを考えて、それを一緒に面白がってくれる友達の前でだけやってくれ、という教育も必要だろうなぁと。

3. 貧乏神 — June 14, 2008 @09:51:34

2つ目の替え歌は、最近、事件があったので洒落にならないですね。

Owner Comment Yumikoit Website  June 16, 2008 @17:21:03

いやぁ。一つ目だって充分シャレになりませんて。

Up5. 水無月 — June 14, 2008 @14:32:26

 
死や戦争に関心を持つ年頃ってありますよね。
うちでも一時、それ系の替え歌を面白がる時がありました。

親が子供をとても大事に思っていること
子供の身になにかあったら親は耐えられないこと・・・などを話し
命の教育を始める契機にするのがいいと思います。

他者の命が大事だということは、自分自身が他者(親など)から
掛け替えのない命・人格として大事にされている実感なくしては
決して理解できないものだから・・・。
一人一人の子供が、そうやって大事に育てられていて欲しいと思います。

 

Owner Comment Yumikoit Website  June 16, 2008 @17:23:02

まだ、本当の意味での死や戦争を理解しているとは思わないので、そういう言葉で周りと一緒にふざけあうのが楽しいのでしょうね。
本当の意味で理解して、興味を持ちだすのであればよいのですが。
水無月さんの言葉は、親として話すことを考えさせられる切っ掛けになって非常に勉強になります。
タブーな言葉とするばかりではなく、もっと広がりを持って会話ができることが必要なのですね。

この記事に対するコメントは締め切られています

<< 2008.6 >>
SMTWTFS
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 2324 25 26 27 28
29 30      
 

読書メーター
Yumikoitの最近観たビデオ

Itofamily.com Home
T:13233 Y:10329 Total:18148007 Online:710