川遊びデビュー

マイミクのとみのさんちの1号くんが遊びに来た。

我が家の1号よりも2歳上のとみの家1号くんがくると、うちの小僧たちはよじ登ったりふざけすぎたりして、時たま喧嘩になりやすいが。
今日はあまりそんなこともなく。
午前中は、部屋いっぱいにレールを広げて遊んでいる。レールを広げると生じやすいテリトリー争いも今日はない。そのうち、紙を広げて「お金」を作り始める。
「(とみの家)1号くん専用のお金」
「1号専用のお金」
「2号専用のお金」
をそれぞれ勝手に作っているが、交換レートはどうする?そもそも3人の中でお金として流通できるのか?ツッコみたくなるが面白いので黙って見ている。

お昼を食べながら、自転車で来ていることでもあるし、どこか行きたい、という話になる。
2号に川越市の地図を出させると、とみの家1号くん、普段行けない方角の鉄塔を見るたびに出るというが。いや、うちの子たちそんなに鉄塔好きじゃないし。
「こっちには、変電所もあるんだよ!」
それ、幼稚園生の自転車でついていくには遠すぎるから却下。

「新河岸川と不老川の合流地点を見に行こう」
それなら、近いしいいかな。
とみの家1号くんの校区からは外れているが、うちの1号の校区からするとギリギリ校区の境界にあるこの川。合流地点まで行くのは1号も初めてである。
自転車を4台連ねて、あっちだこっちだと走っていく。
2号は園バスで通る道が多いらしく、ちょっと自信たっぷりに走るが、一本細い道に入ると途端に自信を失う。
河川敷は舗装もしてなくて、水たまりをわざわざ突っこんで走る1号の背中は泥はねだらけ。

河原につくと、自転車を置いて中洲の方まで下りていく3人。
とみの家1号くんに「来たことある?」と訊くと
「ううん!来たことないから来たかったの!」
と自信たっぷりに言われる。ふむ。そうか。
中洲に下りて行って、石投げする3人。
時たま投げ込んだ石に驚くのか、鯉が撥ねをあげる。それを見てますます石を投げ込んでは鯉の反応を見ている2号。

どこかの小学生の女の子二人が、靴下を脱いでスニーカーのまま水に入って遊んでいる。子ども達も入りたそうにしているが、ダメを出す。
あー。小学生二人で「どこにでも遊びに行ってこい」なんて言わなくて正解。
一応川遊びは大人がついてないと危ないよ。

高校生らしい野球部員が集団で遊んでいて、中州から中州に飛び移って遊んでいるので、1号が
「あれは、野球のトレーニングなんだよ」
と知ったかぶりをするが、野球部員の兄ちゃんには苦笑を返されている。

というわけで、1号と2号には初めての川遊びでした。
で、そのあとで川越線の電車を陸橋の上から見て、公園2箇所はしごして遊んで、鉄塔見て帰ってきました。
1号は途中で鉄塔には飽きて辟易していたみたいだけど、2号の方はというとすっかりハマッてしまったのか
「ぼくはねっ。鉄塔好きだからまたとみの家1号くんと見に行かなくちゃなんだよっ」
とやる気満々。
「…その時はぼくは、家で留守番してDSしているよ」
とつぶやく1号に、
「あー…ぼくもその時は家でDS見ていたい」
と内心ぐらぐらしてしまう2号なのであった。

? posted by Yumikoit at 11:18 pm commentComment [6] pingTrackBack [0]

この記事に対するコメント[6件]

1. まみ — April 3, 2008 @23:54:32

新河岸川と不老川の合流地点は、我が家の散歩コースです!
たまに、亀もいるんですよ〜〜〜。
固くなったパン片手に、鴨に餌付けしてたら、我が家かもしてません。。。

Owner Comment Yumikoit Website  April 4, 2008 @16:34:29

へぇっ。あそこ、カメもいるんですね。
飼猫氏がカメ、大好きです。
今度また行かなくちゃっ。

3. とみの — April 4, 2008 @00:05:05

本日はお世話になりました。
公園に行ったのは聞いたのですが、川で遊んだのはきかなかったなぁ〜。

鉄塔談義にもお付き合いくださり、ありがとうございました。
2号くんが鉄塔仲間になってくれると、ウチの1号が喜ぶのですが・・・鉄塔は奥が深いよ〜f(--;

「鉄塔武蔵野線」っていう鉄塔小説があるけど読む?
小学5年生の男の子の夏休み自転車冒険物語だよ。
映画化もされているんだけど「夏休みの思い出」って感じでなかなか良かった。
(日本ファンタジーノベル大賞を取ったらしい。ウチにあるのは文庫の完全版です。ナニが完全版なのかは読んでからのお楽しみ♪)

Owner Comment Yumikoit Website  April 4, 2008 @16:35:41

>「鉄塔武蔵野線」
あぁ。1号くんが話していたのが、その本かな。
2号が読むにはまだ早いよねぇ。…読み聞かせかっ!?
ためしに借りてみようかな…今借りてるスレイヤーズ読み終わったあとで。

Up5. まじん — April 4, 2008 @00:24:57

川+石で定番の「水切り」(石切り)遊びはしなかったのかな。
河原によっては、そこかしこにできた水たまりみたいなところで、オタマジャクシ採りみたいなのもできたり。
でも、確かに川遊びは危険ですよね。「中州」ってところもですよね。

Owner Comment Yumikoit Website  April 4, 2008 @16:37:57

水きり。私は石飛びって言ってたような気がします。
ただ、私はうまくできないんですよね。試してみたんですが。
今度またやってみよう。

このポイントは、不老川はいいんですが、新河岸川はかなり深いんですよね。その辺が分かってないとほんと、危ないなと。

この記事に対するコメントは締め切られています

<< 2008.4 >>
SMTWTFS
  1 2 3 45
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
 

読書メーター
Yumikoitの最近観たビデオ

Itofamily.com Home
T:2948 Y:4477 Total:18383066 Online:106