1キロの餅が。

先月末の幼稚園のおもちつき。
2号はいたくご機嫌で帰ってきて、以来、家でもお餅が食べたい 磯部餅がいいと正月まで待てない様子だったので、餅を買ってきた。

日曜恒例の私たち夫婦の朝寝坊の後、餅を開封。
我が家では、餅を焼くのは飼猫氏の役目である。
オーブントースターで餅を焼き、醤油をつけて海苔を巻く。
巻いた瞬間から子ども達が餅を食べる。

あとで数えてみると、18個あった餅のうち、7個が1号のお腹に4個が2号のお腹に消え、あっという間に1キロの餅が消費された。
ちなみにそのあと、足りなかったらしくて、2号と飼猫氏がお茶漬けを食べている。
デザートは柿とリンゴ。

うーん。正月は1食1キロ半の餅が必要ということか。
実家であっという間に使われなくなった記憶のある餅つき機を買おうと思った当時の動機がよく理解できた気がする。うちでも買いたくなっちゃうじゃないの。つか、買ってもどこにしまうんだ。餅つき機。

? posted by Yumikoit at 08:34 pm pingTrackBack [0]

この記事に対するコメントは締め切られています

<< 2007.12 >>
SMTWTFS
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 2728 29
30 31      
 

読書メーター
Yumikoitの最近観たビデオ

Itofamily.com Home
T:4382 Y:12817 Total:19215221 Online:218