えずく2号

2号が吐いた。
歯磨きの最中に何度も洗面台にかけより、ぺっぺと唾を吐いていたら吐いた。

ここのところ流行っているお腹の風邪じゃないってところがミソ。
嫌いなもの、苦手な食感のものはご飯の最後の最後まで残す。
ご飯やパンの主食と一緒に少しずつ良く噛んで食べればいいと思うのに、食べるのが嫌で最後まで残す。
で、そのまま残さずに、「おやつが欲しいから全部食べなくては」の一心で、丸呑みにする。
丸呑みにするから苦しくて、歯磨きの最中にえずいて吐くわけ。

今日の「苦手」は、みじん切りにした雪菜の入った卵焼き。
苦手だってわかってるから、雪菜の量を少なくして、大好きなベーコンのみじん切りも入れたのにな。
洗面台に間に合わなくて、廊下のカーペット中に巻き散らす。あ〜ぁぁぁぁ(がっくり)

彼にしてみたら「残すとおやつがもらえない」んだけど、「えずくて吐く子は、お腹の調子が悪いんだからおやつはダメだね」となることもいまいち理解しておらず。
履いたらお腹がすくから必ず幼稚園から帰ると「お腹すいた!」と言っておやつがもらえなくともパンやおにぎりをもらってまた夜ごはんが食べられなくなる。
悪循環なんだよねぇ。

? posted by Yumikoit at 10:15 am pingTrackBack [0]

1号と上着

1号の服装。
下着なしのまま、長そでTシャツとトレーナー。
うーん。下着でなくてもいいけど、本当はその下にもう一枚綿シャツを着てほしいものだが。

え、そのまま学校に行くの?ここ数日寒いけど。

「いらない。このままで寒くない」
とランドセル背負って飛び出していく1号。
でも外に出るなり
「やっぱしさむぃぃ」
と足踏み。
ああ。だから言わんこっちゃない。上着着てきなさい、といっても言うことをきかない。

一昨日、綿入りのジャンパーを着て行ったのを学校に忘れてきて、昨日の朝着て行ったパーカーとジャンパー両方着て帰ったのがつらかったのか。

じゃぁどうするのよ、というと、登校班のみんなが集合するまでの間、ランドセルを道路の端においてマンションの前を往復マラソン始めた。
なんだかなぁ。

? posted by Yumikoit at 11:07 pm pingTrackBack [0]

持久走大会の練習

この季節といえば、持久走。
私は体育が苦手だったので、持久走だのマラソン大会だのというといい思い出なんかないのであるが、足が速いことを自慢としている1号としては何としてもいい成績を残したいようである。

「今日はねっ♪1回目の練習だったんだよっ」

私が小学生の時のように、決まった距離を走るのではなく、決まった時間で校庭何周走れるかを数えるようである。ふぅん。なんか違うんだなぁ。
「えーとねっ。最初の1周半は、1年で一番で走ったんだけど、そのあとは追い抜かされちゃって、2番でゴールした」

スタートダッシュは遅いが、あとは全速力で走るため、まぁ3,4周も走ると息が切れちゃう1号。さて。これから毎日の練習。本番はどうなることやら。

? posted by Yumikoit at 09:40 pm pingTrackBack [0]

自動自得?

週末の休み明けで学校に行くと、学校の先生や友達に、顔の傷Link について聞かれまくった1号。道を歩けば、通りすがりのおばさんにまで聞かれる始末。

でもさ。自業自得だよ。まったく。
1号自身もそう思ったらしい。

「でもさ、じどうじとくなんだから仕方ないよね」

いや。自動自得、じゃなくて自業自得ね。
児童自得とも違うんだよ。似てるけどさ。

? posted by Yumikoit at 07:39 pm pingTrackBack [0]

箸を置くわけ。

1号の食事。
箸を右手に持ち、茶碗を左手に持ち、ご飯を食べる。
箸をテーブルに置き、茶碗をテーブルに置き、両手を膝に乗せて噛む。

…ねぇ。なんで一々お箸置くんだろう。

「えーとね。お母さんが、お箸を持った肘をテーブルについちゃいけないって言うでしょ」

うん。1号はいつも、肘…というよりは正確にはお箸を持った右腕の、肘と手首の間あたりをテーブルの角につく。そして、そのテーブルに着いた場所をてこにして、お箸の先に向かって身体を動かして、箸の先につまんだ食べ物を食べる。
米つきバッタか、平和鳥みたいだからやめろって毎日言うんだ。

「だからね。肘をテーブルにつかないようにしながら お箸を持ちっぱなしだと、腕が疲れるから、一度お箸を置くの」

…置くのったって。
箸が重いからいちいち箸をテーブルに置いて、口の中の食べ物がなくなるたびにもう一度皿と箸を持ち直す。
どこの非力なお坊ちゃまですか?うちの1号(呆)

? posted by Yumikoit at 11:49 pm commentComment [2] pingTrackBack [0]

そして2号の誕生イベントに

2号の希望通りLink木下大サーカスLink に行く。私が子どものころに1回だけ連れて行ってもらったのは、木下大サーカスだったかボリショイサーカスだったか。

だいたいサーカスってどんなものなのか、2号が知っているかどうかは不明。たぶんテレビのコマーシャルや幼稚園からもらって帰った割引券で興味を持ったのだと思われる。
1号には前日に、ネットで空中ブランコなどの映像を探して見せたけど、木下大サーカスの画像は皆無で、情報管理の確かさが何となくうかがえる。

わくわく楽しみに起きだしてきた子ども達だったが、会場に着くのがちょっと早すぎてちょっと疲れ気味。途中の電車から交通博物館が見えると1号は
「僕はあっちでもよかったのに」
とつぶやく。

それでも、いざショーが始まると子ども達は二人とも目玉が飛び出すくらいに見開いて見入っている。表情が固まるくらい真剣てのは見ていて面白いなぁ。
前半のつりロープのショーやロシアンアクロバットショーは真剣に見ていたけど、4頭のシマウマが出てきたあたりから2号の様子があやしくなる。
立ち上がったりし始めて、「ねぇ。まだやるの?もう帰りたい」と言い出す。
まだ前半部終わってないんだけどね。

橋でつなげられた大きな二つの金属製の円筒が回転する中を二人の男性が走ったり跳んだりするウィース・オブ・デスの頃にはもう一度持ち直して、真剣に見出すが、前半部が終わると露骨にホッとして外に飛び出していく。

1号はピエロの小さな芸の連続に大喜び・大笑いで、マジックや大物の芸に手に汗を握って最初から最後まですごい集中力を見せる。

後半部も、ライオンや虎の芸には見向きもしないで「早く帰りたいよ」という。
最後の空中ブランコは大喜びで見ていたんだけどね。

2号にとっては、刺激が強すぎて、あっという間に「いっぱいいっぱい」になっちゃったらしいサーカス初体験でした。

? posted by Yumikoit at 11:56 pm commentComment [2] pingTrackBack [0]

2号の誕生プレゼント

祖父母来宅。
電車の到着時間に合わせて、駅まで1号2号とともに出迎えに出る。
夏休みに帰省して以来なので、約3か月ぶりってところか。

そのまま買い物に出る。
2号はどんな誕生日プレゼントを希望するんだろうか。

当初の希望は、ポケモン図鑑DPLink
うーん。DSのゲームも小学校入学までだめって言ってる以上、こういうのはいやだなぁ。
ネット上では対象年齢が6歳以上となっているが、箱書きに「対象年齢8歳」と書いてあったことを理由に、2号に却下を出す。
さて、代わりに希望するのは何?
親としては、「すごいつりざおLink 」か「バトルカードスタジアム DPLink 」あたりを予想していたんだけどね。

ポケモンカードゲーム

前日まで「すごいつりざお」を希望していた2号は、直前になってポケモンカードゲームの「スターターパック ブーバーンVSエレキブルLink 」をリクエスト。

ボロボロになっていたゲームデッキシートと、ついでに碁やオセロ、将棋などのゲームボードキットを買ってもらう。

子ども達としてはそのまま、おもちゃ売り場内のポケモンバトリオをやりたかったらしいが、夕食の買い物などもしたあとでは時間切れ。
つか、1号がメモリチップを忘れてきていたってのも重要ファクターだったんだけどね。
ずっと前から2号のあこがれていた屋上の観覧車の無料チケットがあったので、1回だけ乗って帰ってきたのであった。ちゃんちゃん♪

? posted by Yumikoit at 11:21 pm pingTrackBack [0]

1号の買物

年末じゃないけど、我が家はこの時期に大掃除らしきものをすることが多い。
ひとつは、年末はめんどくさくてやる気になかなかならないこと。
この時期なら、2号の誕生日に合わせて泊まりがけでやってくるお祖父ちゃんお祖母ちゃんの日程に合わせて
「しかたねぇ…家の中片付けとかなくちゃな」
という気持ちになれる。

飼猫氏が週末に家じゅうの蛍光灯をチェックし、ファンヒーターも出して、代わりに中途半端に和室の隅に置いてあった扇風機も片づける。
窓を拭き、風呂場も大々的にていねいに洗い、ざっと洗っただけではなかなか落ちない風呂の蓋のカビも丁寧にこする。台所のガス台やシンクもいつになく丁寧に磨く。
あー。買い物も行かなくちゃ。

問題は、2号の誕生お祝いをするのに絶好のこの3連休。
金・土ともに飼猫氏は通常出勤日だってこと。
子ども達に
「今日は午前中、母さん買い物に行くからね。留守番頼むね」
と言ったところ、2号が
「やだ。ぼくも買い物に行きたい」
と言う。
2号を自転車の後部座席に乗せると、牛乳を5本買うと他の買い物はできない。ううむ。

1号。じゃぁ、お店屋さんがあいたら、2号と歩いて買い物に行ってきてよ。
食パンだけでいいから。で、二人が帰ってきたら他の物は母さんが一人で買ってくるわ。

行先は、大通りを渡らなくて行くことのできる一番近いスーパー。1号は一人で2回くらい買い物に行ったことがある。2号連れでは初めてかな。
食パンを一斤。100円あげるね。おつりは返してね。
で、ポケモンパンが欲しいなら、割引のシールを貼っている奴二つまでなら母さんがお金を出してあげる。こちらのお金は、とりあえず1号が立て替えて。帰ってきたらポケモンパンの分のお金をあげてもかまわないからね。
…交渉成立。

1号は考える。
「シールが1枚入っているポケモンパンは、売価が105円。
 2つ欲しいから、210円。半額のシールを貼っている奴を選びたいから、持っていくお小遣いは110円で足りるはず」

しかしお店にあったポケモンパンのもともとの売価は、128円ものばかりだったらしい。
持っていったお小遣いじゃ足りない。1号ぴ〜んち。
しばらく考えて1号いわく。
「じゃぁ1個だけ買おう。2号がシールとっていいから。パンは半分こにしよう」

二人は意気揚々と帰ってきたが、2号は言う。
「パンもぼく一個丸々食べたいのになぁ」
ええぃ。ずうずうしい奴め。
ま、私が買い物に出た時に、もう一つ買ってきましたがね。いひひ。

? posted by Yumikoit at 11:07 pm pingTrackBack [0]

1号。あほ。

ただいまぁ。
1号が帰宅した声が元気がなかったので、どうしたの、と玄関に出てみる。
ちょっと泣きそうな顔。

つーかちょっと待て。その左のほっぺたどうした!?
2センチほどのすりむいたか打ちつけた跡。
ちょうど頬骨のあるあたりだ。こりゃぁ痛かったろう。

「ブロック塀にぶつけた…」
…って、どうやればそんなところブロック塀にぶつけるのよ。
「帰ってくる途中で、目をつぶって歩いてみたの」

…どうやら路上ではなく、通学路途中にある神社の境内の中での出来事だったらしいが。クルマの心配がないとはいえ、そんなバカなことしながら帰ってくるなよ。
あまりといえば余りの出来事に、言葉を失って叱ることもできない。あとで帰ってきて事情を聞いた飼猫氏も一言。
「…あほ!」

? posted by Yumikoit at 09:18 pm commentComment [4] pingTrackBack [0]

1号のひそかな悩み

1号は私の子どもの頃と歯並びが似ていて、反対咬合である。
学校や幼稚園の歯科検診のたびにその指摘を受け、つど歯医者なんかにも相談しているんだけど、前歯が全部永久歯に生えそろっていないこともあってまだ具体的に矯正の計画はない。

今回は歯周病要観察なんてのももらってきちゃって、学校の歯科検診は再検査。どうしても歯の黒ずみが全く取れない奥歯の内側の根本。これが原因かな。
まぁ何ともなかったんだけどね。歯質が弱いのはまぁ本人も気をつけなくちゃいけないところだろう。

子どもが生まれるまでずっと行きつけだった歯医者も、最近なくなっちゃって、今は2,3軒歯医者流浪中。
マイミクのとみのさんに行きつけの歯医者を紹介してもらって、これで落ち着くといいんだけど。
つーわけでまたも歯磨き指導を受けることになっている。

夜、仕上げ磨きをしてやっていると、1号が言った。
「ぼくね。さ・し・す・せ・そ がうまく言えないから、丁寧に言うようにしているけど、やっぱり"し"が、"スィ"みたいになるんだ。でも、みんなに何か言われたことはないなぁ」
─ サ行の発音が上手にできなくて、しゃ・すぃ・しゅ・しぇ・しょ みたいになるのは、幼稚園の年少年中の個人面談で必ず指摘されていたこと。
そうかぁ。私はもう全く気にしていなかったけど、本人は割と気にして丁寧に発音していたんだ。

やっぱり歯のかみ合わせが悪いから、歯から息が漏れるのかな。ふぅん。
思わぬところで、1号の本音の一つが聞けた一件。

? posted by Yumikoit at 11:26 pm pingTrackBack [0]

<< 2007.11 >>
SMTWTFS
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

読書メーター
Yumikoitの最近観たビデオ

Itofamily.com Home
T:2575 Y:9394 Total:18127020 Online:3227