金の波銀の風

金の波銀の風

黒ねこサンゴロウ旅のつづき 4
竹下 文子作/鈴木 まもる絵

税込価格 : ¥1,050 (本体 : ¥1,000)
出版 : 偕成社
サイズ : A5判 / 141p
ISBN : 4-03-528290-1
発行年月 : 1996.4
この巻は番外編だから、メインストーリィはほんとにあと1冊。
番外編だから、あとからでもいいかなぁという1号に、そんなことないよ、順番に読んだ方が楽しいよ、と言ってみる。
というのも、4巻目にはサンゴロウがクルミちゃんに話していた、あの鳥さんが出てくるんだな。うふふ。

ちょうど2号にも、「やまねこの島Link 」を読んでいる所。
横で聞いている1号も、興味なさげな顔をしている癖にしっかり聞き耳がピン、と立っている。サンゴロウが、カレハ熱に倒れるシーンでドキドキするんだって。

さて、「最後の手紙」が終わったらいよいよドルフィンエクスプレス。楽しみだなぁ。

? posted by Yumikoit at 10:17 pm pingTrackBack [0]

 

2号。将来の夢?

年少最後の保護者会。
子ども達とは別の部屋で保護者会をやるのかと思っていたが、どうも子どもと一緒らしい。
きっと、1年間お世話になった担任の先生にも一緒に参加していただけるからだね。

当初、1号は家で一人で留守番していたほうがいいだの、友達の家に遊びに行って待ってるだのぬかしていたが、肝心の友達の家の都合がつかず一緒にやってきて、一人で園庭で遊んでいる。

先生から一言頂いて、子ども達が一言ずつ話してから子ども達の歌。そして保護者会の1年の「〆」ということで一人ずつご挨拶。
子ども達は一人ずつ、名前を言った後で「将来の夢」について話す。
さて、何を話すかしら。

年少の1号の夢は、「新幹線の運転手」だった。卒園児は「サッカーの選手(サッカーのルールも知らないくせに)」
さて、2号は…なんと。「絵本屋さん」でした。
女の子のケーキ屋さんとか幼稚園の先生にも太刀打ちできる程度の実現性ですね:)

帰ってから、2号も知っているお友達のお母さんの話をして
「あの人も、若い時に本屋さんでお仕事していたんだよ」
と教えてみる。
すると
「え〜っ♪ほんとぉぉぉぉ」
とソンケ〜の眼差し。うむうむ。
夢が実現するとよいねぇ。2号。

? posted by Yumikoit at 09:06 pm commentComment [6] pingTrackBack [0]

<< 2007.3 >>
SMTWTFS
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 

読書メーター
Yumikoitの最近観たビデオ

Itofamily.com Home
T:642 Y:9394 Total:18125087 Online:1294