自転車の後ろの補助椅子

明日卒園式の1号は、今日でバス通園ともお別れ。

バス大好きの1号だから、今日はできればバスに乗せてやりたかった。
行きはね〜。普通にバスで登園させたんだけど、明日の卒園式の後のお別れ会の準備で午前中に私が園に行かなくてはいけなくなった。仕方ないので、帰りはお迎えにするから歩いて帰ろうや、と子ども達に提案。

案の定、1号はバスがいいと言う。ところが2号はお迎えがいいと言う。
うーん。
余裕をもって終わればそれでいいんだよ、バスでも。
でも今日は時間が読めない。今日の園での仕事内容を1号に説明して、自分たちの学年のための仕事だということを納得させてバスをあきらめてもらう。

ところが、不幸にして?準備の方は早く終わった。
この分だと家に帰ってバスのお迎えに間に合うなぁ。どうしよう。
でも何も言わずにいきなりバスにしたら子ども達が怒る。お迎えがいい2号だけではなく、何事も予測した反中範疇で物事が起こってほしい1号も怒るのである。

ふむ。

見ると1号はホールで卒園式の練習の真っ最中。割り込む余裕はない。
年少の教室に行くと、2号の方はお帰りの支度か何かしているらしい。
保育の最中とは思ったが、2号に訊いてみる。バスとお迎え、どっちがいい?
「おーむーかーえっ♪」
─ そうだよな。お前はそういう奴だよ。

仕方ないのでお迎えの時間まで園内で時間をつぶした。
私が自転車で来ているのを見て、真っ先に自転車に乗りたがる2号。
ええぃ。お前のリクエストでお迎えにしたんだから歩けよっ。

それを聞いた1号は「じゃぁ僕はー???」と言って自転車に乗りこんだ。
まぁねぇ。自分の自転車でどこにでも行くようになって、私の自転車の補助いすはもう1年以上乗っていない1号。どこかでは乗りたかったんだろう。
しかしな。1号。
2号は歩いているんだ。2号の歩くスピードに合わせると、私は自転車を押して歩くのだ。
できればお前も歩いてほしいもんなんだが。

? posted by Yumikoit at 11:01 pm commentComment [2] pingTrackBack [0]

 

ひみつのもり

ひみつのもり

ジーニー・ベイカー作/さくま ゆみこ訳

税込価格 : ¥1,470 (本体 : ¥1,400)
出版 : 光村教育図書
サイズ : A4変形 / 〔32p〕
ISBN : 4-89572-653-3
発行年月 : 2006.6
CG?いや、そんなことはないな。
リアルで不思議な挿絵。
本物の貝殻や海藻、石を使ったコラージュ?
幻想的な挿絵。

海の中に差し込む日の光。
石に貼りつく海藻をかき分けると浮かび上がるきれいな模様。見つかって歩き回る赤い、カニ。

ストーリィは奇をてらったものではなく、日常そのもの。
そしてふと見つけた秘密の世界。
この絵本好きだなぁ。

? posted by Yumikoit at 08:39 am pingTrackBack [0]

<< 2007.3 >>
SMTWTFS
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 

読書メーター
Yumikoitの最近観たビデオ

Itofamily.com Home
T:3493 Y:12817 Total:19214332 Online:1212