たらし2号

2号はマメ男さんかも。
「おかーさん、きょうのすかーとかわいいね」
「おかーさんの今日のシャツ、かわいいね」
などと褒め言葉を欠かさない。

すそ広がりのフレアースカートや華やかな色合いの花柄のシャツなどが特にお気に入り。

昨日などはいきなり着替え途中の私を捕まえてパンツまで褒めてくれるマメさだ。
私なんぞ褒めるより、GFの服でも褒めてるほうがいいと思うんだが。

一方、人の服を褒めるなんて眼中にない1号は、「おそろい」だと単純に喜ぶ。2号とおそろいのシャツ、友達とおそろいのハンカチ。
2号が私の服を褒めているとあわてて自分も褒めてみる1号。

性格が出るなぁ。

? posted by Yumikoit at 10:03 pm commentComment [2] pingTrackBack [0]

 

もしもバトン

Mixiの知人ユキムラさんから「もしもバトン」がまわってきました。

1:理想の女(男)が記憶喪失で落ちている。
 とりあえず抱き起こして病院に連れてくとかはすると思いますが、理想のタイプと言えども知らない方ですので、自宅には連れて行かないと思います。
 旦那もいるしねぇ。

2:歩いていたらサインを求められた。
 契約書とか保証人がどうとか、という書類にはサインはできないですね。

3:引き出しからドラえもんが出て来た。
 とりあえず和菓子屋にどらやき買いに走ります。

4:殺し屋に「死に方くらい選ばせてやるよ」と言われた。
 老衰がいいです。とお願いしましょう。

5:見知らぬ大富豪に遺産を遺された。
 いい話には裏があるのでちょっと怖いなぁ。

6:初対面で「B型?」と聞かれた。
 その人の目は腐っていると思う。

7:預金残高が増えていた。
 お。ラッキィ!

8:カモシカの様な脚にされた。
 まず合うサイズのズボンを買いに行かねば。

9:前に並んでいる人に「俺の背後に立つんじゃねぇ!」と言われた。
 「あなたはゴルゴ13のようですね」と言ってみる。
 きっとかえって怒りを誘うでしょう。

10:「犯人はあなたです!」と言われた。
 「何で判ったんですか?」とだけは絶対に言わないようにしなくては。

11:鏡を見たら目がヤギ目になっていた。
 どういう目なのかな。ちょっと想像できない。

12:尻の割れ目が消えた。
 それは困る。

13:偶然手に取った本の主人公が、明らかに自分だった。
 そういや、以前読んだ漫画に出てきたヲバサン顔の意地の悪そうなアパートの管理人の苗字が私の旧姓と同じで、すごくいやな気持ちだったことがあります。
 かっこよく書いてあればちょっとうれしいかも。

14:モナリザがこっちを見ている気がする。
 でもそれはそういうもんでしょ?

? posted by Yumikoit at 04:28 pm commentComment [2] pingTrackBack [0]

<< 2005.10 >>
SMTWTFS
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
 

読書メーター
Yumikoitの最近観たビデオ

Itofamily.com Home
T:2895 Y:7914 Total:779622 Online:05