1号のチャレンジ

降園後の園庭。
1号はクラスのお友達2,3人と2号を追っかけまわして遊んでいた。
「かんちょ〜!」
とか言いながらお尻を突っついたり、何度か地面に転がす。
2号も遊んでもらってうれしいらしい。<そこで喜ぶな。

下品な遊びするなよ、といいたいところだが、言ったらもっと喜んで何度もするのは目に見えているし
「2号転ばさないでね!」
程度に抑えて流しておく。

夜、風呂に入る前に二人に言う。
「今日はアタマまで砂だらけだし、しっかり身体もアタマも洗わないとね」
「なんでぇ?」
なぜ砂だらけなのか、納得がいかない様子の二人。

けれども、昼間の遊びの様子を思い出させるとちょっと反省の顔。
─ まったく。誰があんたらのアタマと身体を洗うと思ってるんだよ。

1号はちょっと考えて
「じゃあ、ボクが2号のアタマ洗うよ」
─ ほぉ。やってみるか。 …いや待て待て。2号の気持ちは?
「ぼくも、おにーちゃんにあらってほしい!」
─ ふむ。交渉成立。

まず子ども達だけ風呂に入れて、1号に2号のアタマを洗わせる。
やたらシャンプーをつけて、なするように洗う。
あれじゃぁ地肌まで洗えんだろうに。

「ぼくね。身体も洗ってあげるんだ」
と2号のリクエストを確認してから、カバのぬいぐるみタイプのスポンジを選び出して2号の身体を洗い始める1号。

終わってから、私も風呂場に入って1号の身体とアタマを洗ってやる。
「ボクね。2号のアタマ洗ってやるなんて、お母さんみたいでしょ!」
と得意満面の1号。

しかし1号よ。
2号はね。ちゃんと座ってアタマからお湯をかけられる「大人洗い」だから、あんたにも洗えるの。
まずは1号自身が横抱きにして洗われる「赤ちゃん洗い」を卒業しないとね。

? posted by Yumikoit at 08:38 pm pingTrackBack [0]

この記事に対するコメントは締め切られています

<< 2005.10 >>
SMTWTFS
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
 

読書メーター
Yumikoitの最近観たビデオ

Itofamily.com Home
T:2710 Y:7914 Total:779437 Online:188