木の実とともだち

木の実とともだち

松岡達英構成・下田智美絵と文

出版社 偕成社
発売日 1996.10
価格  ¥ 1,575(¥ 1,500)
ISBN  4034374101
★★★★☆
[AmazonLink |bk1Link ]

以前、1号は同じシリーズで「きのこはともだちLink 」や「イチゴはともだちLink 」を借りてきていた。
これもかわいらしいカントリー調の表紙。でも中身はしっかり科学系の絵本だったりする。
森や山、野原で木の実を集める。クマさんやリスさんと一緒に木の実を集める女の子。
赤い実、黒い実や青い実。毒のある実や食べられる実。
くるみ、どんぐり。へぇ。どんぐりにも食べられる実ってあるんだね。
なになに…水にさらしてアク抜きして…へぇ。
トチの実、は確かトチ餅とか食べたことがあると思う。

ついでにジャムや木の実の入ったパンケーキの作り方なども書いてある。
図鑑系絵本の好きな1号は、裏表紙の見開きの部分を見て
「もうひとつ、読んでないのがあるよぉ」
と大騒ぎ。ふむ。「海辺とともだち」か。1号、また借りてくるだろうな。気に入ったんだねぇ。

? posted by Yumikoit at 10:44 pm pingTrackBack [0]

 

絵本や子ども向けアニメで悩むコト。

1号に「さんびきのくまLink 」を読む。
クマの留守中に、女の子がクマの家に入り込んで勝手にスープを飲んだり椅子を壊したりするシーンになると
「よその家に勝手に入っちゃダメだよね」
と言う。
ううむ。それは全くその通りなんだけど。

そして昨日、BS2で再放送されている「フランダースの犬」を2号に見せていたら。
亡くなってしまったネロのおじいさんのお墓に、ネロとアロアが 河原で摘んできた草花を供えている。
哀しそうにおじいさんの思い出話をする二人。
2号も哀しそうにしている。
「おあな(お花)、かわいそうだねぇ。つんじゃ、だめだよねぇ」
と言っているらしい。

うう〜む。確かに、それはそう、普段から教えているのだが。
でもそこでそういうツッコミをされると…ストーリィ的にどうしたものかとか情操教育を間違ったのかとか、色々悩んでしまう。

? posted by Yumikoit at 04:14 pm commentComment [2] pingTrackBack [0]

<< 2005.3 >>
SMTWTFS
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
 

読書メーター
Yumikoitの最近観たビデオ

Itofamily.com Home
T:3460 Y:4149 Total:18392593 Online:188