2号、コップに水を汲む。

めんどくさいことはさっさと覚えて欲しい。手を貸したくない。
つーわけで?最近はすっかり手抜きで
「さぁ、ご飯よ。手を洗ってらっしゃい」
と言うと
「え〜。お母さんも来て」
と1号が言おうが、子ども達だけで手を洗わせる。

私が手を出そうとしないので、面倒を見なくちゃならんと思うのかいつの間にか1号は手を洗う時に自ら
「2号、お袖めくってください」
と声をかけるようになった。で、私がいる時には絶対に袖をまくってもらうのを待っている2号が、1号の指示には従って自分で袖をまくるわけ。

手の洗い方は二人ともいい加減。手を洗ってるんだか水遊びしてるんだかわからん。

今日は歯磨きも二人でやらせてみる。普段は歯ブラシを濡らしてやって、一人ひとりに持たせて、砂時計を逆さにして。
さぁみがけ、あっちを向くな、前を向け、手が止まっているぞとうるさいのだが。
風呂の支度だの何だので忙しいフリをして、様子を伺う。
1号はコップに水を張り、自分と2号の歯ブラシを濡らしてから2号に2号の歯ブラシを渡して,自分も磨き始める。
砂時計だけ、私が逆さにしてやる。

砂時計が終わると、自己申告をしに来たので順番に仕上げ磨きをしてやる。今日は2号から仕上げ磨きだよ。
2号の仕上げ磨きをしてから、1号に声をかけて仕上げ磨きをしてる最中。
2号は自分で口をゆすごうと、コップに手を伸ばして、自分で蛇口をひねった。手が届かないから今まではさせていなかったんだよね。
洗面台の横に回りこみ、手を伸ばして ジャ〜っ!
あっという間にあふれるコップの水。
それでも得意げに、口をゆすいでいた2号である。
ふむ。ますます手を抜けるか。それとも水の無駄遣いをしないようにしばらく注意して見張っているべきか。

? posted by Yumikoit at 10:17 pm pingTrackBack [0]

 

ゆきおんな

ゆきおんな

立原えりか文・滝原章助絵

出版社 チャイルド本社
発売日 2005.02
価格  ¥ 470(¥ 448)
ISBN  4805425504
★★★☆☆
[bk1Link ]

ゆきおんなが、白い息を吹きかけると人は凍って死んでしまう…。
みのきちは目の前で父親が雪女の白い息で死ぬのを、見てしまう。
ゆきおんな、なぜみのきちは殺さなかったのかな。もしかして一目ぼれだったのかしら。
10年も添い遂げて、7人の子もち!みんなすくすくと育つところなんかもむかしばなしって感じでいいなぁ。
飼猫氏が言う。「7人も子どもがいたんだー…」うん。私もそれは意外だった。

読んでもらっている方の1号は、雪女の話は初めてか否か。
よく判らないけれども、裏表紙のイラストを見て、杉山の無効の空に、眼だけ描かれている雪女の恐ろしげな表情を見て一言。
「変なお顔〜♪」

ええいっ。お前はこの情緒がわからんかっ。

? posted by Yumikoit at 10:02 pm pingTrackBack [0]

<< 2005.1 >>
SMTWTFS
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
 

読書メーター
Yumikoitの最近観たビデオ

Itofamily.com Home
T:7927 Y:11607 Total:19254865 Online:05