お月様と1号

お友達の家でたっぷり遊んで、夕方帰ってくる。
薄暗くなった中を自転車を漕いでいると、空にきれいな三日月。
「おぅちえぱぱ!」
と2号。
「おつきさまだー♪」
と1号。

ちょうど月を左手に見て自転車を漕いでいるので、両脇の家並みを通り過ぎるたびに月が家に隠れる。
「おうちぇぱぱ、みえない〜」
家が切れると
「おうちえぱぱ、ぃえた!」
そうか、見えたか。
…の繰り返し。ホント2号はお月様が好きやね。

1号はというと
「お月さま、ずっとボクについてくるよー!」
「そっか。1号のことが好きだからついてくるのかな?」
「ちがうよー。きっとおうちえぱぱの2号が好きだからついて来るんだよ!」
…そーかそーか。

「あのさー」
と1号が続けて言う。
「このお月さまは、クルマの中で見たお月さまとは違うねー」
違うの?どう違うのよ。
「このお月さまは、なんて月ー?」
月は月でしょー?
「このお月さまはねー。14の月って言うんだよ!」
じゃあクルマの月とは別物の月で、別の名前がついているんかい。
「そうだよ〜!でね。車から見たのは、12月に見たから12の月なの!」
…あのぉ。で、クルマの中から見た月とはどう違うの?
「だって、クルマから見た月はもっと丸かったよー」

ポン。ああ。そうか。あの頃は半月だったよねぇ。今はかなり細い三日月だからか。
なるほどにぃ :o

? posted by Yumikoit at 10:01 pm pingTrackBack [0]

この記事に対するコメントは締め切られています

<< 2005.1 >>
SMTWTFS
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
 

読書メーター
Yumikoitの最近観たビデオ

Itofamily.com Home
T:581 Y:3304 Total:18688160 Online:07