神さまの言葉?

夕食の時、2号が突然言った。
「ぱんぱん、できた」
飼猫氏がその言葉をついで言う。
「そうか。初詣で上手にパンパン、って手を合わせられたんだよな。
 えらかったな〜」
「ん♪」
言いたいコトがちゃんと伝わって満足の2号。

「でさ」
飼猫氏が言う。どうやら、お参りのときに2号が神様の声が聞こえたって言うんだよ。
はぃ〜?なんスか?それ?

「なんかゴニョゴニョ言ってたんだよなっ。なっ」
「ぼ〜く〜も〜ぉ」
1号も一緒になって言う。おぃおぃおぃ。お前ら何の声が聞こえるんだ、怖いぞ。

1号のハナシによると、お賽銭を上げて拍手を打つころに低い音がゴニョゴニョと聞こえてきて、おみくじを引くころにはとても大きい音で耳が痛いほどだった?というのである。
なんて言ったたの?と訊くと言葉としては聞き取れなかったようだが、どうもゴウゴウというような低くて響く音だったらしい。
風が吹きぬける音だったのかなぁ。

しかし神様の声が聞こえる?怖いぞ。子ども達よ。

? posted by Yumikoit at 09:00 pm commentComment [2] pingTrackBack [0]

 

今年のおみくじ

3日になり、やっと初詣。
「どこ行くの?」
と訊くと飼猫氏が
「白山だ!」
とキッパリという。今年はどこ行こうかな〜とか言っていて、結局山がすきなのね。

家の近くは殆ど溶けているけど、白山周辺はさすがに結構な雪。サンダル履きで来た飼猫氏は早くも後悔している。
昨日雪が降っていたせいか、3日なのに白山周辺はかなりの渋滞。電車で来ればよかったかなぁ。

それでも到着してお参り。昼寝から起きたばかりの2号は飼猫氏の抱っこ。1号は雪に浮かれてピョンピョコピョンピョコ跳ね回っている。ええいっ、おとなしく歩かんかぁっ!

お参りをしてからおみくじ。
2号を抱っこしたままの飼猫氏がお金を払ってから、まず私からおみくじを引く。
 …末吉。文章を読むとなんか一事が万事悪い感じだぞ〜。

1号。
 …吉。おっ。我を通すな。周りの声に従え。
    なくし物は腐るか壊れて出てくると思え。
    友達を大事にしろ。うむうむ。教訓に満ちているなぁ。

2号。
 …小吉。細かいことにこだわるな。
     過去のことをうじうじ悩まずに前向きになれ。
     まぁこの年齢で過ぎたことをうじうじ悩むことは無いから安心かな。

そして飼猫氏も末吉。
うう〜む。そういや1号の七五三の時のおみくじも、散々じゃなかった?
飼猫氏がひとこと。
    白山神社で引くおみくじには、縁がない…。

? posted by Yumikoit at 08:43 pm pingTrackBack [0]

<< 2005.1 >>
SMTWTFS
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
 

読書メーター
Yumikoitの最近観たビデオ

Itofamily.com Home
T:498 Y:3304 Total:18688077 Online:06