これは、グロい。

映画館の売店でポップコーンやコーラを買い込む。
一昔前はポケモンのプラケースに入ったポップコーンも買ったが、今日は普通の大きな紙製のカップで買う。

子ども達が覗きこんでいるディスプレイには、ドラえもんの頭部の型の中にポップコーンが入っているLink のが飾ってある。
今更ああいうのが欲しいんだろうか。しかし今日はドラえもんは見ないしね。

「グロいよね」
「うんうん。きもい」
「…生首だよな」

よく聞くと、彼らはこれが欲しいと話し合ってるのではない。
頭部の蓋を開けると白いポップコーンが覗いて見えるのが「脳みそ」のように見えてグロい商品だと話し合っているのである。

? posted by Yumikoit at 11:33 pm commentComment [2]

 

豪華4本立て

映画に行った。
1号はホームズの映画がいいとか言っていたが、字幕しかないのであきらめて4人一緒にスターウォーズ3DLink を見る。

天気予報は午後から雨だが、まだ降っていない。
代わりにとにかく風が強くて、砂が舞い上がり、空を茶色に染めている。
「砂塵が舞ってるな」
「風が強くて嵐みたい」
「これで夕方は雨と雷でしょ」
「豪華4本立てだねぇ」

…そこで「豪華」か?

? posted by Yumikoit at 11:30 pm

ヤマトを見る

1号が「さらば宇宙戦艦ヤマト」のDVDを引っ張り出してきて見ていたので、見終わった後で「新たなる旅立ち」と「〜永遠に」を探してやる。

「永遠に」の方で守が長官を守って爆死するシーンで、
「ここで守死んじゃうくらいなら、新た〜でスターシャと一緒に死んだ方が本望だったんじゃなぃの?」
と1号と2号が話し合っている。

いや、それはないだろう。西崎作品で女と一緒に男が心中するってのはない気がする。
「ええー。なんでー」
西崎作品の男性キャラのポリシーなんだよ。
まぁ松本零士作品でもそうだけど、女は男をかばって死ぬけど、男は女のためには死ぬことはなくて自分の理想のために死ぬってパターン。

まだまだ、こういう話にはピンとこないらしい二人である。

? posted by Yumikoit at 11:44 pm commentComment [3]

牡蠣を食べる2号

牡蠣を頂いた。新鮮な殻つきの牡蠣である。

NEC0264


牡蠣はあまり料理したことがないので、躊躇するが、教えてもらった通りにゴリゴリとたわしで洗っていく。

とりあえずラップをしてレンジで2分くらい。…2分だとうちのレンジだと短かったみたいで追加で1分。
おぉ。見事に殻が開いたぞ。

そこへ2号帰宅。
牡蠣だぞ〜。殻つきのままのを見せてやる。
「おぉぉ?これどうやって食べるの?」

レンジでチンしたばかりのを、目の前で殻をこじ開けてやる。
このまま食べられるんだよ。というと、醤油をかけていきなりパクリ。
「おぉー。んめ〜。でりーしゃーすー♪」

さて、半分は教えてもらった通り衣をつけて冷凍庫へ。本日熱を出している1号は今日は食べない方がいいから、何日か経ったところで牡蠣フライだな。
残りは今晩、私と2号で食べてしまおう♪(飼猫氏はたぶん食べないので)

? posted by Yumikoit at 05:31 pm commentComment [2]

部屋の片づけ

今日から春休み。
使い終わったノートやプリント類などの整理を命ずる。
2号の場合だと、片付けているつもりで忘れ、あっちに行って別なことをはじめては、気がつくとあっちにもこっちにも蟻塚ができているので油断はならない。

2号、この布バック、どうするの?
工作用の色画用紙の厚い奴と、アルミホイルの芯、その他3月の図工で使わなかった工作道具が入っている。…帰ってきてめんどくさくてそのまま壁のフックにかけたな。
「あ、片付ける」
しかししばらくしてから確認すると、机のわきの床に投げ出してある。
2号、これ、どうするの?
「あ。片付ける」
しばらくしてみると、子ども部屋の2号の持ち物を入れる棚の中に布バックごと押し込んである。
2号、これどうするの?
「4年の図工の時に使うんだからいいの!」
…なぜ4月の図工の内容が今から分かるんだろう。つーか、「図工にいつでも使える材料バック」作るんなら、ビーズやスパンコールの入ってる瓶とか、毛糸とか、モールとか、他にも入れるものってたくさんあると思うんだけどね。
四の五の言ってないで全部一旦バラしてそれぞれの場所に片付けなさい!

1号はというと、途中から本棚の整理に夢中だ。2号を呼びつけて色々相談している。
「この絵本、もう子どもっぽいよね」
「オレ、この本もう要らない。2号は?」
気がつくと図鑑は1号の好きなジャンル、2号の好きなジャンルと完全に分けられ、それぞれ個別のスペースに押し込まれ、他の本もこれは1号の本、こっちは2号の本という具合に全て本棚からそれぞれのカラーボックスに収められてしまった。
高さが180くらいあるスチール製の本棚は2つの棚くらいしか本が収められておらず、他の棚は全て今まで作っていたプラモデルとレゴの作品陳列スペースになってしまう。

待てぃ。ちょっと待て。
まず基本は、自分のスペースに本を持ってくともう片方が読めまい。せめて図鑑は二人の共有。本棚の一番下に埋めなさい。そうじゃないと本棚が軽くなって倒れやすくなるからっ。
あとねっ。棚の一つくらいならともかく、基本は本棚は本の置き場だろうっ。おもちゃ棚じゃないんだから本を置きなさい。

という訳で、絵本を出したあとの空いてるスペースに、2号が気に入ってたこれとこれとあとこのシリーズの漫画、子ども部屋にあげるからここに置いてね。
と、xxxHolicやらツバサやらCCさくらやら。CLAMPを中心にごっそりと子ども部屋に漫画を移す。
あー。あたしの本棚すっきりしたぁ。<なんか違う!

? posted by Yumikoit at 11:20 pm commentComment [1]

そういや本屋で。

あちこちの棚を物色していた1号がやってきた。
「お母さん、オレ、すっげー本見つけたんだ」
欲しかったあの本以上にすごいとはホントにすごい本なんだろうな。

「これこれ」
と手を引っ張ってこられた先にあったのは、ポケット版の辞書のコーナー。
手のひらにすっぽり収まる辞書のうち、「ことわざ辞典」を手に取る1号。
どこにでもある類だが、そんなにすごい本なのか?

「ほら、みて。中が全部上下逆なんだ」
はぃ?
あ。ホントだ。表紙に対して中身が全部天地逆。乱丁って言えばいいのかな。こういうの。

「どうしよどうしよ♪」
わくわくしてるので、期待してそうな答えを言ってやる。
店員さんに見せてきたら?
「うんっ」

しばらくあーだこーだ店員さんと話をしていた1号が戻ってきた。
「おしえてくれてありがとうございましたーってそれだけー」
何を期待してんじゃ。
「いや、お礼に図書カードとかくれないかなーって」
本屋さんにいうなら無理だろうねぇ。

? posted by Yumikoit at 11:52 pm commentComment [2]

 

本屋だ本屋。

午前中は修了式。1号5年生修了、2号3年修了である。

おとといのお好み焼き屋で
「ボクは自分で焼きたかったのに、2号くん達にはまだ無理よって上級生が全部焼いてくれた…」
と言っていたので、お昼ご飯はホットプレートでお好み焼きを準備してやる。
しかし、なんで「さぁどうぞ」と準備してやると自分で焼くのが嫌になるのか。
「お店で焼きたかったのに」
あーそー。

「おかーさんっ。昼から本屋に行くんだよ!」
とは1号の弁。

5年生のお勧め図書を何とか読み切った1号Link 、ご褒美に新しい本を買ってやると言ったので本屋に行きたくて仕方がないのだ。
「ぼくねー♪すっごい欲しい本があるんだ」
…知ってるよ。この3カ月くらいずっと狙ってるあれだろ…。
うーん。どうしようかな。
とりあえず、学校のモノも新しく買う必要はこの春はなさそうだし、逆に2号は剣道用の下駄とか新しい財布とかモノ入りだから…2号にはこのくらいの本にして、1号にはそーゆー新しいもの話にして本だけにしたらバランスが取れるよね。
「あっ。全然平気!やったー」
その代わり、バランスとる差額の分、自分の図書カードで払えよー。
育成会からの進級祝いで図書カード入ってるんだからねー。

つーわけで、1万近くもする図鑑を抱え込んでご満悦の1号。
2号はというとこの半年ほど図書館やら学校の図書室やら、町内の絵本文庫やらで1冊また1冊と借りてきては読んでいるシリーズの、どうしてもどこにもなかった1冊が欲しいとねだってくる。
角川つばさ文庫か。これはまた安上がりな。それなら2冊いいよ、というと同じシリーズの第1巻。しかも帰ってきたら30分で読み終わってるとはなんかもったいない。もっと味わってほしいもんだ。

そんなこんなで進級祝いはあと剣道の下駄をどっかで買いに行ったら終了。

? posted by Yumikoit at 11:25 pm

プチ反抗期

1号、最近なかなか反抗期突入らしい。

「お父さんたらひどいんだ」
へぇ。どうした。
「ぼくはひとっことも頼まれてないのに、お父さんがかけてたやかんの火、沸いても止めなかったって怒るんだ。自分は電話に出てて止められなかったから、そのくらい気を利かせてもいいだろうって」

いや、そのくらいやってあげてもいいじゃん。

「でもぼくは頼まれたわけじゃないし、ぼくだって本読んでたのに、ピーピー鳴る音くらい聞こえただろうって怒るんだよ。なっ。お父さん横暴だと思うだろ。2号」
しかし、土日ドッジばかりで出ずっぱりの1号と違って2号はそこそこ、そういう家の中の流れの手伝いができる。
「ボク、両方とも気持ちわかる」
と一方的に1号の味方をしてくれるわけじゃない。

「うらぎりものぉぉ」
まぁまぁ。いつまでも指示出されなくちゃ手伝いもできない子どもじゃいられないってことだよ、1号。

? posted by Yumikoit at 11:11 pm

大忙しの2日間。

久々に、1号はドッジボールなしで一日オフ。飼猫氏は前日より風邪をひきこんでごろごろ。

2号は土曜はいつも夕方剣道のけいこが入ってるんだけど、今日は朝9時から。
「6年生がね。9時ちょうどに稽古が始められるようにって言ってたから、ちょっと早めに出ないと」
と言いつつ、いつもぎりぎりだよな、あんたは。
洗濯機だけスイッチ入れて回すに任せ、また寝とぼけている1号をたたき起し、ちゃんと干すように申し渡す。
…おっと、私も出る時間だ。1号と飼猫氏、お昼ご飯は二人で適当に頼むねー。

本年度は剣道の役員を申しつかったので、道場の空いている方を使って引き継ぎ。その後すぐに親の会総会。
終わって、お昼ご飯は剣道の仲間全員保護者込みでお好み焼きの食べ放題。

そんなこんなで剣道三昧の一日が過ぎる。
明日は、私と2号が完全オフに対して1号と飼猫氏が1日ドッジボール三昧、しかも夜ご飯付き♪

あーあ。15年目の結婚記念日なんてそんなこんなで影も形もないわけだ。

? posted by Yumikoit at 11:17 pm commentComment [3]

明日の予定

今日は卒業式。1号も2号も普通の時間に登校し、2号は卒業生が体育館に入るのを見送ったらすぐに帰ってくるので9時には帰宅。5年生の1号はそのまま在校生として卒業式に列席するので帰宅は昼過ぎである。

ちょっと遅いくらいに帰ってきた1号がつぶやく。
「オレ、明日全国大会見に行きたいなぁ」

はーいー?????今なんとおっしゃいましたあぁぁぁぁぁ????

チームメイトの6年生が県の選抜チームで出場する全国大会は明日と明後日。
行きたいのはわかる。しかし、前日に意思表明ってのは絶対に無理ということを分かってくれ。
なにせ場所は名古屋なんだから。

? posted by Yumikoit at 09:07 pm

<< 2012.3 >>
SMTWTFS
    1 23
4 5 67 8 9 10
11 12 1314 15 16 17
1819 20 21 2223 24
25 26 27 28 2930 31
 

読書メーター
Yumikoitの最近観たビデオ

Itofamily.com Home
T:3198 Y:4477 Total:18383316 Online:356