宇宙戦艦ヤマト2202 第三章

1号は定期試験の真っ最中。2号は模擬テスト。そして川越祭りの真っ最中。そういう状況で(笑)、飼猫氏と二人で大宮まで出て映画。

第三章は純愛編。
ズオーダーの語る愛がなんなのかまださっぱりわからんとか、もっとドッグファイトが見たかったなーとか、キーマンの狙いがどこにあるのかとか、桂木透子の背景とか、色々気になったりツッコミどころはあるんだけど、もうそれはヤマトだからしかたがない!
桂木透子とサーベラーの声優が同じなのはきっと何かの伏線なのであろう。
個人的には古代くん、公共通信網使って民間人も周りにびっしりいる中で盛大な愛の告白やらかしたんだから、その後めっちゃからかわれるシーンとか入れて欲しかったなぁ。みんな温かく見守りすぎだよぅ。
民間人に対して謝るより先に、ブリッジに対して状況報告と対応を依頼するのが筋だと思いながらあえてそっちにツッコんでみる。

次会が折り返し点。さてどういう展開になることやら。

? posted by Yumikoit at 11:10 pm

この記事に対するコメントは締め切られています

<< 2017.10 >>
SMTWTFS
1 2 3 4 5 67
89 10 1112 13 14
15 16 17 18 19 20 21
2223 24 2526 27 28
2930 31     
 

読書メーター
Yumikoitの最近観たビデオ

Itofamily.com Home
T:12164 Y:2865 Total:1033127 Online:12064