1号2号と捨てねこ。

下校見守りボランティアから戻ってくる途中。

神社で遊ぶ2号と、同じ通学路の友だち2人。
まったく。まーた、すぐに帰らないで遊んでるな。
「おかーさーんこねこ!」
え。子猫?
走り寄ってみると、発泡スチロールの箱の中にタオルが敷いてあって、よちよち歩きの猫が3匹。
誰が持ち込んだか、ペットボトルにミルクを入れたものがすぐ近くに置いてある。
これだけの炎天下だから、ミルクもすぐに悪くなるだろうになぁ。親切心はわかるけど、子猫がお腹壊さないか心配。

「飼えないもんねぇ」
全員、ペット禁止マンション住まいだもんな。
気になるのはわかるが、まずは家の人が心配しているから、いったん家に帰ろう。

案の定、宿題を終わらせた2号が子猫を見に行くという。
余り猫や犬に関心がない2号がこんなだから、猫好きの1号が帰ってきたら大変だな。
とにかくうちで猫を飼えない以上、あんまり執着されても困るんだけど。
猫が好きな私としては一緒に行って構いまくりたいのだが、ぐっと我慢する。

小さなトレイと、ホントは子猫に牛乳がダメなのはわかっているけど、猫用ミルクを買っても仕方ないので牛乳をペットボトルに少し。
お腹を壊してはいけないので、先に置いてあったミルクをあげないように言い含める。
絶対にゴミを散らかして帰らないこと。連れ帰らないこと。

1号がすれ違いに帰って来て宿題が終わったら猫を見に行くという。
学校でもこれはという子に猫飼えないかどうか聞いて回ったらしいが。
あーあ。やっぱり。
近所のスーパーで急遽買ってきた1歳未満用のレトルトのえさを渡して、また同じ注意を繰り返す。

ほどなく、残念そうに帰ってくる二人。
どうやら知合いの中学生が子猫を連れ帰ることにしてくれたらしい。
行き先が決まってくれたのは嬉しいけど、寂しいって感じだな。

その家はもう猫を飼っているのを知っているので、飼ってくれるかどうかわからないけど、初めての捨て猫体験、子ども達にはどう映ったのか。

? posted by Yumikoit at 05:10 pm commentComment [2]

この記事に対するコメント[2件]

1. 水無月 — June 17, 2010 @20:26:08

 
私自身が小学生の頃に仔猫に出会ってしまった切なさを思い出しました。
家では飼えず、飼い主を見つけることもできずに・・・。
ああいう思いを自分にさせた人間の捨て主を私は今でも恨んでいます(苦笑
 

Owner Comment Yumikoit Website  June 18, 2010 @08:44:43

結果的に、前日の夜捨てられた子猫は全部で5匹。朝、登校時に見つけた子ども達は学校でそれぞれに「飼える家ないかなぁ」と話はしていたようです。
午前中、2匹拾われて下校時には3匹になって。中学生数人で残りを分けて連れ帰ったようです。
1軒は1号の知り合いの家だったので、結局使わなかった猫フードを届けに行かせたところ、15分くらいお邪魔して猫と遊んで来たようでした。
今回は、子どもたちなりにいろいろハラハラドキドキもしたでしょうし、結果的にカラスや炎天下や他のトラブルで命を落とした子もいず、みんな引き取り先も決まったようでホントによかったと思います。
>ああいう思いを自分にさせた
ほんとですね。
私も、飼えないという我が家の事情は置いておいても、ここで1匹でも亡くなっていたら後味悪かったろうなぁと思います。

この記事に対するコメントは締め切られています

<< 2010.6 >>
SMTWTFS
  12 3 4 5
6 7 8 910 1112
13 14 15 16 17 1819
20 2122 2324 25 26
27 28 29 30    
 

読書メーター
Yumikoitの最近観たビデオ

Itofamily.com Home
T:2507 Y:10795 Total:13418285 Online:2916