1号、ボケる。

朝、私が燃えるごみの準備をしている間に、元気よくスニーカーを履いて
「行ってきます!」
と玄関を出た1号。
なぜかすぐに戻ってきた。

どうしたの?

「ぼくってばかばかーぁ!いっちばん大きなもの忘れたっ!」
ふぅん。
「だってランドセル忘れたんだもんー」

そこは多分ツッコんであげるべきところなんだろうが。
まぁ1号よ。今日もネタをありがとう。
「ネタってなぁに?」
うん。それはね。学校に行って、「今日、ぼくランドセル忘れるところだったよ!」と話して笑いをとる話題ができたってことだよ。
戻ってきたついでに、ごみ出してきてね。1号。いってらっしゃい。<おぃ。

? posted by Yumikoit at 08:52 am pingTrackBack [0]

この記事に対するコメントは締め切られています

<< 2008.2 >>
SMTWTFS
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29  
 

読書メーター
Yumikoitの最近観たビデオ

Itofamily.com Home
T:383 Y:8641 Total:19763785 Online:449