サトウキビ畑のカニア

サトウキビ畑のカニアフレデリック・ピション作
ダニエル遠藤みのり訳/内海 博信画

税込価格 : ¥1,365 (本体 : ¥1,300)
出版 : くもん出版
サイズ : 四六判 / 190p
ISBN : 4-7743-0763-7
発行年月 : 2004.7
汚い野良犬に餌をやった記憶。給食のパンとか何とか、持って行ったっけ。
今は、野良犬自体を見ることが少なくなった。

カリブ海に浮かぶ島。南国の、どこまでも続く真っ白な砂浜のイメージだな。
ずっと続くサトウキビ畑。
でも子どもたちの悩みはどこもいっしょ。

本当の友だち。心を許せる友だち。
きれいな血統書つきの犬じゃなくて、ボクの飼いたいのは、このカニアなんだ。
いいねぇ。少年♪

? posted by Yumikoit at 10:05 am commentComment [2] pingTrackBack [0]

この記事に対するコメント[2件]

1. ダニエル遠藤みのり Website — September 25, 2007 @21:45:35

はじめまして。

「サトウキビ畑のカニア」を訳した、みのりです。
この本を読んで、好きになってくださって、どうもありがとうございます。
うちにも、ボボっていうモト捨て犬がおります。
それから、わたしもダーリンのことを《みぬ》つまり「うちの猫」と呼んでおります。
面白いご縁を感じました。

Owner Comment Yumikoit Website  September 27, 2007 @14:00:20

みのりさま、訳者自らのコメント、ありがとうございます。とても嬉しいです。
人種じゃない。血統書じゃない。
マイノリティかもしれないけど、僕は僕でいたい。
そんなメッセージを感じた本でした。
これからも良い本をたくさん、訳してくださいませ。

この記事に対するコメントは締め切られています

<< 2007.7 >>
SMTWTFS
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 1617 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
 

読書メーター
Yumikoitの最近観たビデオ

Itofamily.com Home
T:5817 Y:5476 Total:1050290 Online:14