ドリアン・グレイの肖像

ドリアン・グレイの肖像

ワイルド〔著〕・福田恒存訳
 出版社 新潮社
 発売日 2004.07
 価格  ¥ 620(¥ 590)
 ISBN  4102081011
★★★☆☆
[AmazonLink |bk1Link ]

自分の美を称える肖像画。画家がその全てをかけて描いた肖像画でもある。その肖像画に対してふと
 「もし『ドリアン』がいつまでも今のままでいて
  代わりに肖像画が萎びてゆくのだったら
  どんなにすばらしいだろう」
とつぶやく。

ある日ふと、自分の退廃的な方向への変化が、自分自身ではなく絵に表れていることに気づくドリアン。
身分の違う下層階級の女性への恋とその破綻。女性の自殺。
阿片窟。
ありとあらゆるデカダンの享楽。
そして画家を殺害。
ドリアンはさまざまな悪徳に染まっていくが、彼自身の風貌は変わらない。
全て、絵が肩代わりしているからだ。
そして絵に刃を向けたとき…。

耽美主義的な文章は、古風だけれども読みやすい。

? posted by Yumikoit at 12:17 pm pingTrackBack [0]

この記事に対するコメントは締め切られています

<< 2004.10 >>
SMTWTFS
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
 

読書メーター
Yumikoitの最近観たビデオ

Itofamily.com Home
T:2147 Y:4210 Total:1041144 Online:20