1号 - 0歳 3ヶ月まで

最初の入院は、私にとっては結果的によかった。
後になってみんなに、大変だったねって言われるけど。

何よりよかったのは、定期的に体重を測ってもらったり、発育上のこととか担当医に訊けたこと。
担当医のグループは3人から構成されていたが、このうちの一人、のちに通院時にも担当となるI女医は発育過程もよく確認してくれて本当に安心だった。
また、心配していたジクジクしていた臍も、この入院中に毎日消毒してもらってあっという間によくなった。

入院時には不便なこともたくさんある。
相部屋もそのひとつだとよく言われている。

1号が入院したのは、「あかちゃんべや」と俗に呼ばれている主に乳児が入る8人部屋。
最初の数日はその「あかちゃんべや」のうち「感染部屋」と呼ばれる発熱している子、咳のある子、主に感染する病気の子が入る部屋だ。その後、熱が下がると「非感染部屋」に移る。
みんな急の発熱やら何やらで、動転していたり、いろいろ悩みがある。
私のように余裕のない育児をしている人。
色々なお母さんを見て、話をすることができる。
ああ。私だけが大変じゃなかったんだな。と実感できて、本当に楽になった。

生後6ヶ月くらいまでは、なかなか家の外に出る機会がない。お母さん友達も、地元にいるならともかく、その土地に住むようになって2,3年ではそうそうすぐにはできるものでもない。

今になれば、市の赤ちゃん教室とか色々な場所に行くことで、お母さん友達を増やしたり発育上の心配も解決できると知っているが。
そういう意味ではこの入院とその後に続く通院は、私にとってとても有意義だった。


この時期の1号。
 比較的落ち着いている。

  うつ伏せになるのが大好き。午前中特に機嫌がよい。
  夕方になると機嫌が悪くなるが、歌を歌ったり色々した。
  うちわで強弱をつけて扇ぐのが大好き。

授乳は、2ヶ月ごろから混合になる。
これは今後の入院の可能性を考慮して、飼猫氏の授乳にもなれてもらうため。
よって、夜寝る前、風呂に入れて投薬。そしてミルクを飲んで寝る、と言う流れ。
この時間なら、飼猫氏がいることが多いからね。
昼間は、ほとんど私の母乳。

3ヶ月と3日経った日の体重測定
 体重:5930グラム

? posted by Yumikoit at 08:40 pm commentComment [1]

この記事に対するコメント[1件]

1. 水着 Website — December 10, 2010 @12:43:47

ファッション通販サイトのLookMe(ルックミー)ビキニ、洋服、下着、水着、サンダルなど、豊富のトレンドアイテムを激安販売!5000円以上送料無料サービスとお得のポイントサービスで、貴方の欲しいモノがきっと見つかる!!

この記事に対するコメントは締め切られています

<< 2003.12 >>
SMTWTFS
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
 

読書メーター
Yumikoitの最近観たビデオ

Itofamily.com Home
T:4952 Y:5542 Total:14931995 Online:24