1号とスニーカー

昨日履いていた1号のスニーカーが雪道を歩いてまだ乾いていないようだったので、他のクツはあるか、聞いてみる。
「わがんねー」
そういや2足買っても3足買っても、1号はいつも同じスニーカーばかりを履きつぶす。
しかも、昨日のように濡れて帰ってきても新聞紙一枚詰めないし、乾かそうとしない。そもそも濡れていることを意識しているのか!?
雨の日は長靴、剣道の時は下駄やビーチサンダルと履き散らしていつも2足3足出しっぱなしの2号とは大違いだ。

下駄箱を覗いてみる。
案の定、まっさらのきれいなスニーカーが一足、1号の棚に置いてある。
これ、履いて行きなさいよ。

1号、黙ってクツに足を突っ込み、紐を引っ張っている。
「お母さん。これ、きつい」

…。
一度も履かないうちにサイズアウトっすか?
2号、これ、履けるなら履いて。
1サイズしか違わない2号が大喜びで履いたのでホッとする。

えーい、1号は濡れた靴はいて学校行けっ。

? posted by Yumikoit at 07:08 pm commentComment [2]

この記事に対するコメント[2件]

1. も〜 — January 20, 2013 @18:44:14

子供だけにみられる現象じゃないみたいです(++!)(靴の大きさじゃなくて、ズボンのウ(ry

Owner Comment Yumikoit Website  January 20, 2013 @19:05:30

あぁ〜。それはショックがでかいっすね。1度も穿かないうちにってのがね。
若いころに穿いていたやつが…ってのはよりよくあることですが。

この記事に対するコメントは締め切られています

<< 2013.1 >>
SMTWTFS
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 1011 12
1314 15 16 17 18 19
20 21 22 232425 26
27 28 293031   
 

読書メーター
Yumikoitの最近観たビデオ

Itofamily.com Home
T:3395 Y:4149 Total:18392528 Online:123