1号とどんぐりかさ

学校公開日も通常通り、登校班にて登校。
天気は小雨。

うちの集合場所は、まずは1〜3年の男の子ばかり5人が集まって出発するのだが、それぞれに傘を持って集まる。
ピンポーン、とインターホンが鳴るのとうちの玄関が開くのが一緒。
2年生の子が
「いとうくーん。学校いこー」
と顔をのぞかせる。
この場合の「いとうくん」が1号なのか2号なのか、毎回よくわからない。

エントランスに出ると、にこにこと1号にすり寄って
「1号くん、どんぐりがさできるぅ?」
と話しかけている。
…どんぐりがさ?なんじゃそりゃ。

何となくわかる気もするが、あまり追求するのは危険な気がしたので、とりあえず黙って子ども達を送りだし、家の中に入る。

5分もしないうちに、玄関のドアがもう一度あいた。
だれだだれだ。うちの玄関を、インターホンも鳴らさないで開けるやつは。
1号か2号が忘れ物でもしたのかね。
「うえぇぇぇぇぇん」
…おや、1号だ。どうしたの?
「かさがー、かさがー」

どうも2年生くんの口車に乗せられて、「どんぐりがさ」をやった結果、傘が壊れたらしい。
うんうん。いわゆる私たちが子どもの頃に「傘をおちょこにする」と言っていたあれだな。自動がさでそれをやったら壊れるから、と子どものころは自動がさを持たない子の方が元気にやっていた気がするが。

見てみると、傘の支柱を支える骨が全折れ。これは明らかに使用不能である。
「2年生くんのせいだっ!」
と本気で怒っている1号。

…ま、おちょこにして傘壊すなんて、小学生なら一度は通る関門。
あのねぇ。3歳や4歳差の上級生に無理強いされてゲンコツかなんか見せられて脅されたならともかく、自分より下級生の口車に乗せられて自分からやったことでしょう。
その時点で自己責任だからね〜。
なんとなく情けない1号であった。

? posted by Yumikoit at 11:23 pm

この記事に対するコメントは締め切られています

<< 2009.5 >>
SMTWTFS
     1 2
3 4 56 7 8 9
10 11 12 1314 15 16
17 18 1920 21 22 23
24 25 26 27 28 2930
31      
 

読書メーター
Yumikoitの最近観たビデオ

Itofamily.com Home
T:9203 Y:5993 Total:997983 Online:30