チョコの駆け引き

さて、バレンタインデーには私は1号と2号に何をあげたかといえば。

去年はポケモンの缶入りチョコ。
その前はイチゴ1パックを買ってきて、溶かしたチョコレートをかけたものを作り。その他にチョコボール1箱ずつ買ったような気がする。

今年は、明治のプチアソートLink とか、ツィンクルチョコLink 、ペンシルチョコなどをガサガサと買って詰め合わせてみる。
普段、おやつ用に子ども向けのチョコレートなど買わないので、子ども達にとってはある意味あこがれのお菓子のはず。

こちらの狙い通り、今日はこれ、明日はこれを食べようと少しずつ大事に食べる1号と2号。
モノによってはパッケージをばらして詰め合わせたせいで、二人の内容にちょっと違いがあるのも、お互いの内容を見比べながら力関係が発生する。

ツィンクルチョコレートを一口かじり、卵型のチョコの中に詰まっているチョコマーブルをつまみながら1号が言う。
「お母さん、アポロチョコとマーブルチョコは、アポロチョコの方が2個多いんだよ」
1号らしいな。そういうところ一つ一つ数えているところ。

2号は、1号の大好きなアポロチョコを最後まで取っておくことにして、ペンシルチョコをかじっている。
1号が2号に粉をかけている。
「2号、アポロチョコを開ける日、ぼくにもちょっとちょうだい」
1号が割と下手に出ているので2号は大胆に出る。
「交換だよ!」
「何とだったら交換してくれる?」
「今、1号が持ってるチョコ全部!」

客観的に損得を考える傾向のある1号にとってはそれは絶対に受けられない取引である。
しかし、最近見ていて気付いたのだが、2号は本当に欲しいものは後先考えずに、今ある中で一番いいものを惜しげもなく出せることがある。あとで後悔することも多いんだけどね。
1号のそういう性格を見切って2号が言っているのか、それとも2号が自分自身の性格から「全部投げ出してもいいくらい、1号が欲しいならあげてもいい」と思って言ってるのか。ビミョウだな。

? posted by Yumikoit at 11:51 pm commentComment [2] pingTrackBack [0]

この記事に対するコメント[2件]

1. まじん — February 20, 2008 @11:48:45

うししし。楽しそうな駆け引きですねぇ。個数は2個違っても、内容量はどう? なんて、もっと問題を難しそうにしてみたり。

で、「残り全部」っていうのは、スゴイ取引条件だなぁ。スッゴイ悩みそう。

Owner Comment Yumikoit Website  February 25, 2008 @11:29:01

>個数は2個違っても、内容量はどう?
わはは。1号はそういうところ、「客観的に」判断しようとしますね〜。
2号はいつでも「マイルール」な男です。なんのこっちゃ。
でもねぇ。しょせん「アポロチョコ」ですから、1号は多分「どうしても欲しくなったら、お小遣いで買えばいいさ」とか考えてあきらめる口ですね。
で、アポロチョコを買わずにポケモンバトリオやっちゃうんだな、きっと。

この記事に対するコメントは締め切られています

<< 2008.2 >>
SMTWTFS
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29  
 

読書メーター
Yumikoitの最近観たビデオ

Itofamily.com Home
T:1434 Y:5287 Total:18395854 Online:154