もったいないお化けが出た2号

電車の中。
突然、2号が泣き出した。ふむ?何があったの?

─ どこか痛い?と訊いても黙って首を振る。
─ 何か哀しいことがあったの?と訊いても黙っている。
─ 何か言いたいことがある?と言うとウン、とうなずいた。

「あれ…」
指差した先には、先ほど床に落としてしまった飴のカケラ。

そうか。食べたかったのに落としちゃった。
代わりを口に入れてもらったけど、それも食べちゃった。
落ちていた飴のかけらを見たら、「落としていなければ食べられたのに」と思って急に哀しくなっちゃったわけね。

落としたときには確かに残念そうではあったけれども、代わりを口に入れてやったらおとなしくなったので、母さんはもう気にしていないかと思ったよ。
…2号。やっぱりお前は面白いなぁ。

? posted by Yumikoit at 11:46 pm commentComment [2]

この記事に対するコメント[2件]

1. ジムシー — December 24, 2006 @17:48:53

好き嫌いが多い私には、とても胸にグサリと来る話です。

2号君に見習って嫌いな食べ物をなくさないと・・・。

Owner Comment Yumikoit Website  December 27, 2006 @10:15:34

いえいえ。多分2号は私よりも好き嫌いが多いです:E
うちで一番好き嫌いのないのは、1号だったり♪

この記事に対するコメントは締め切られています

<< 2006.12 >>
SMTWTFS
     12
3 4 5 67 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
 

読書メーター
Yumikoitの最近観たビデオ

Itofamily.com Home
T:5170 Y:6641 Total:15167030 Online:1034