1号の小さな挫折。

ゴミだし当番の1号。

夏休み中は調子よく行っていたが、月曜日、雨天。
「雨が降っている日は、お母さんが行って」
ふむ。やっぱりそうきたか。行ってやる。

今日、台風。行ってやらなくちゃいけないかねぇ。
でも雨は降っていない。風もそんなに強くないかな。
1号しばらく考えて
「行ってみる」
そうか。頑張って行ってこいよ。
2号も「ボクも行きたぁぃ」と駄々をこねている。
ええい、お前の仕事はリビングに新聞運ぶことだろっ。

1号を送り出して家の中の窓を開ける。
途端に部屋に吹き込む風。─ しまった。この風の強さだと1号は怖がるわ。

追いかけようと玄関を開けると、ゴミを下げたままの1号。
「やっぱり風が強すぎるよー」

ま、強い風を特別怖がる1号だから仕方ない。
ゴミを下げて外に出ると、ちょうど二階に住んでいるTさんがベランダに干した洗濯物を取り込んでいる最中だった。
挨拶をすると
「さっきまで風が弱かったのにねぇ。これじゃ外に怖くて干せないわ」
うんうん。そうだよねぇ。ちょっと前だったら1号にだって持っていけたかもしれないけどねぇ。

さて、明日はまたゴミの日。1号、行けるのか!?

? posted by Yumikoit at 08:26 pm commentComment [2] pingTrackBack [0]

 

こすずめのぼうけん

こすずめのぼうけん

ルース・エインズワース 作 / 石井 桃子 訳 / 堀内 誠一 画
福音館書店 (2002.1)
ISBN : 4834005267
価格 : ¥840

[AmazonLinkbk1Link ]

お母さんスズメには「向こうに見える塀まで」と言われたのに、ついつい自意識過剰になってもう少し遠くまで冒険…に出かけちゃったこすずめ。
飛び立つことを覚えたばかりなのにね。

あんまり遠くまで来ちゃって、疲れちゃうし翼は痛くなるし…どこかで休みたいのに。
行き着く先ごとにとっても丁寧に
「あの、すみませんが、なかへはいって、やすませていただいていいでしょうか」
というこすずめが可愛い。
1号だってこんな丁寧な言葉遣い、知らんぞ。
お母さんスズメの教育が行き届いているんだねぇ。

でも、都度
「おまえはわたしとは違うから」
と拒否される。

すごく丁寧に
「いいえ。ぼく ちゅん ちゅん ちゅんってしかいえないんです」
という口調がとっても可愛い。

自分の属する世界。なんだなぁ。

? posted by Yumikoit at 06:39 pm commentComment [2] pingTrackBack [0]

 

「まんが日本昔ばなし」ゴールデン復活

ふっふっふ。
「まんが日本昔ばなし」ゴールデン復活Link
結構楽しみ。

? posted by Yumikoit at 05:53 pm commentComment [4] pingTrackBack [0]

<< 2005.9 >>
SMTWTFS
    12 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

読書メーター
Yumikoitの最近観たビデオ

Itofamily.com Home
T:036 Y:9394 Total:18124481 Online:688