ふしぎながちょう

ふしぎながちょう

西本鶏介文・柿本幸造絵

出版社 チャイルド本社
発売日 1997
価格  ¥ 470(¥ 448)
ISBN  4805425512
★★★★☆
[AmazonLink |bk1Link ]

幼稚園で毎月貰ってくるこのシリーズも、12まで来た。あと1冊くらいでおしまいなのかなぁ。
日本・世界の昔話集であるから、これもまたイタリア・スイスの昔話。グリム童話にも「金のガチョウ」として収録されている。

主人公の少年がまず「笑わない王女さまを笑わせるから、パン3つとどうか3枚とワインを一瓶くれ」と父親に頼むシーンがあるが、そもそもその根拠が不明。
この3つがあれば王女が笑うと思っていたのか。その場合にはどんな風にして笑わせるつもりだったのか。その心積もりを訊いてみたいところ。

そうしてまで父親にねだって、一生一度の一大決心をして家を出たであろう少年も、次々とパンや銅貨、ワインをねだるお年寄りに気前よく次々とやってしまう。この老女がホントにただの老女達だったらどうするつもりだったんだろう。…というのはオトナのツッコミ(笑)

結果として老女は実は魔法を使える仙女だったのか。そしてこのおはなしの真骨頂、不思議なガチョウを貰うわけだ。

ガチョウが欲しいと思う宿屋の少女、その妹、寝巻き姿で少年の尻を追い回すのはけしからんと神父が、それを不届きと思う道すがらの金物屋が次々と「くっついて」しまい、ぞろぞろと電車ごっこのように歩く姿。

4歳児1号には、まだ
 「寝巻き姿で外を歩くのは恥ずかしい」とか
 「寝巻き姿で、うら若き女性が若い男の後ろをついて歩くなんて」とか
 「神父たるもの女性の腰を触るなんて不届き千万」とか
そういった事柄の倫理観とかなんとか、育っているわけもないがそれでもただゾロゾロと電車ごっこのように人が沸けもなく歩いている姿を想像すると、笑いがこみ上げるものがあったらしい。

かなり眠かったらしいにもかかわらず、えへえへ、と笑いながら最後まで嬉しそうに聞いていた。

? posted by Yumikoit at 10:46 pm commentComment [2] pingTrackBack [0]

 

あしたくん

ただいま、「明日」ブームの1号。
となりのトトロみたいに、あした、という言葉を正しく使っているわけじゃない。
ただ面白いので、何かというと「あした」という言葉を使って新しい言葉を作成中。

明日戦隊、アシタレンジャーに始まり。
機関車アシタ。アシタ園。あしたちんちん<トホホホ(TT)

昨日は自分の傍らを指差して
「おかあさん、あしたくん見える?」
と言う。おお。空想のお友達かい?とりあえずお付き合いで
「こんにちは。あしたくん」
と言ってみる。
こういう反応は予想外だったのか?すごく嬉しいらしい。

あしたくんは、何が好き?
「でんしゃとクルマ!」
あしたくんは何歳なの?
「えっとねー。10さい!」
随分大きな子なんだね。あしたくんは、背が大きいのかな?
「うん、とっても大きいんだよー」

ふむん。こうやって子どもの空想のお友だちも増えていくんかいな(謎)


あ。ちなみに2号の「おなかの風邪」は無事完治しました。心配してくださった皆さん、ありがとうございました。

? posted by Yumikoit at 06:19 pm commentComment [5] pingTrackBack [0]

<< 2005.2 >>
SMTWTFS
  12 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28      
 

読書メーター
Yumikoitの最近観たビデオ

Itofamily.com Home
T:3401 Y:12817 Total:19214240 Online:1120