体験を広げるこどものずかん ちいさないきもの

ちいさないきもの

出版社 ひかりのくに
発売日 1997.05
価格  ¥ 1,050(¥ 1,000)
ISBN  4564200720
★★★☆☆
[AmazonLink |bk1Link ]

我が家には、このシリーズのうち「きょうりゅう」と「みずべのいきもの」がある。
いずれも各章のタイトル部分が、カタカナではなくひらがなで書かれていて、まだカタカナが読めない1号にもきょうりゅうなどの名前が、ひらがなで読めるので本人の満足度が高いらしい。

実際の動植物たちの説明は、カタカナは勿論漢字交じりで書かれているのでオトナが読んで聞かせるほかはないのだが、それでも自分で読める満足度、新しい生き物の名前…しかも難しい…を自分の力で口に乗せられる楽しみは大きいらしく、先日
「このシリーズのご本、全部買ってほしいの」
と言い出した。
じゃあ、見つけたら順番に買って行こうね。と言ったところ、図書館でこの本を見つけて、自分で借りてきたってわけ。

カブトムシやクワガタだけでなく、ミツバチ、アゲハチョウ、クモ、トカゲ、ヘビ…いろいろな小動物が詳細なイラストで描かれている。
何を食べているか、どんなところを探すと見つかるのか、同じ種類の生き物達の分類など、おそらく実際には小学生向けであろう。
それでも1号にとってはとても面白いらしい。
しばらくハマッていそうだな。こりゃ。

? posted by Yumikoit at 10:57 pm pingTrackBack [0]

 

どんなクマ?

お帰りのあとも家に入らずにずっと庭先の雪の山で遊ぶ子ども達。

急に1号が言った。
「あのね。私たちみんなのオココロの傍には、あくまってクマが、住んでいるんだよ」
…ぷぷぷっ。悪魔って…クマ!
おこころ、というからには幼稚園の神さまのお話で聞いたんだろうな。

笑いをこらえながら
「そう。悪魔って、どんなクマ?」
「悪いクマなんだよ!」
自信たっぷりに答える1号。
「そんな悪いクマがいたら怖いねぇ。どうしたらいいだろうねぇ」
と言うと
「あのね。大丈夫なんだよ。神さまとイエスさまが守ってくださるの」
ほっほぉ。
「神さまとイエスさまはね。仲良しなんだよ。
 だって一緒に住んでるんだもの!」
…仲良し、は仲良しでしょうが。正確には親子なんですよ。1号くん。

しかしなぁ。悪魔はクマかぁ。ぷぷぷぷ。

? posted by Yumikoit at 03:56 pm commentComment [2] pingTrackBack [0]

 

2号のしっぽ

2号のしっぽ

2号は男顔なので、少し髪を伸ばしてもそれなりに「少年」に見える。
だから2号の襟足を少し伸ばしてみる私。

朝、ゴムで髪の毛を結んでみる。

1号が言った。
「女の子みたい!」
髪の毛を結んでいると女の子だと思うか。やっぱりそうかなぁ。
でもこういうファッションもありだよ。

「ボクも結んでほしい!」
と続ける1号。
でもね。あんたは伸ばすと女の子の顔立ちになっちゃうんだよー。
個性ってヤツだから、1号と2号は似合う髪形が違うのっ。
    >ちなみに1号はこんなに短い。Link


…でも、朝出かけるまでの30分ほどの間に、5回くらいゴムをとられてしまいました。慣れるまでしっぽちゃんは無理だねぇ。

? posted by Yumikoit at 03:33 pm commentComment [2] pingTrackBack [0]

<< 2005.2 >>
SMTWTFS
  12 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28      
 

読書メーター
Yumikoitの最近観たビデオ

Itofamily.com Home
T:9328 Y:5816 Total:18124379 Online:586