ひつじのコートはどこいった

ひつじのコートはどこいった

きたむらさとし絵・文

出版社 評論社
発売日 1997.06
価格  ¥ 1,365(¥ 1,300)
ISBN  4566003736
★★★★★
[AmazonLink |bk1Link ]

最初に断っときます。これはミステリです。絵本といってもなめちゃいけません。殺人が行われなくてもミステリなんです。
ミステリですから、名探偵が登場します。緑のネクタイなんか締めててカッコいいです。悪人も登場します。オオカミですから顔つき見ただけで悪人とわかるのは、絵本のお約束です。

表紙には船に乗る羊たち。ページをめくると、仲良しの羊たちはクルマに乗ったり船に乗ったりして、乗り物好きの1号向けだなぁと思いながら読む。
行き先は海。海水浴だ〜ぃ。と海に飛び込もうとする3匹の羊たちに向かって、悪役オオカミたちが
「コート着たまま海水浴するやつなんていないよ。
 預かっていてあげるから、ゆっくり泳いでおいで」
なんて親切気に声をかける。
と、いきなり白い毛皮を脱ぎ出す羊たち。

…おぃおぃおぃ。そりゃー着脱可能なコートだったんかぃ!
コートを脱ぐと、しましまパンツになぜかサスペンダーなんかつけてる。
飼猫氏が言う。泳ぐ時は靴くらい脱げっ。
そう、彼らは靴を履いたまま泳ぐのだ。
思いっきり海で遊んで、帰ってくるとコートがない。オオカミ一行もいない。しまったぁ。盗まれたんだっ。

オオカミたちが乗ってきたと思われる車のタイヤの跡を追っかけて街まで来る羊たち。
どうでもいいんですが、そのしましまパンツ姿で街を歩くのは止めて下さい。お嬢さんもどう見てもそりゃ、ワンピースじゃなくてシュミーズです。そりゃー、コート盗まれたんだからこれしかないのよってご意見はわかりますが。せめて町に住むいとこの存在を思い出したら、まずはそこで着替えを出してもらうのがスジってモンでしょう。
…それとも、そのどう見てもしましまパンツは、下着じゃなくて普段着だったんでしょうか…。


というわけでお嬢さん羊のいとこって筋書きで、かっこよく名探偵登場。
最後にはちゃんと悪役オオカミたちとかっこよく大立ち回りもやりあって。
オチのセーター姿がすげー可愛い羊たち。

1号も面白かったようだけど、読んでる親も楽しんだ一冊でした。ふはははは。

? posted by Yumikoit at 10:50 pm pingTrackBack [0]

 

ホビットの冒険

ホビットの冒険

J.R.R.トールキン作・瀬田貞二訳

出版社 岩波書店
発売日 2002.12
価格  ¥ 2,940(¥ 2,800)
ISBN  4001156792
★★★★☆
[AmazonLink |bk1Link ]

もう10年以上前のことになるが、指輪物語を読んでみたいと思った。その時には結構強く思ったにもかかわらず、何故だか結局読まないままに終わった。
当時はファンタジー色の強いものよりもハードSFや心理的なノンフィクション物に強く関心があったせいかもしれない。

その後も結局映画も見ることもなく、ストーリィも知らないままに今に至る。

という訳で何度目かの正直でこの本を読む。
指輪のあらすじすら知らない中で、それでも北欧のさまざまな架空の生き物達…ドワーフ、エルフ、ゴブリンとかは知ってるけど、ホビットってのは何だろう。読み始めるまでホビットというのは主人公の名前と信じて疑わなかった私(^_^;)
しかも結構いい年のホビットじゃんっ。
いやいや、だからこそ「若気の至り」な突っ走りがないのよっ。
どうせ周りはみんなむさくるしいドワーフじゃないのよ。

恋人を救わんとする、なんてロマンティックな動機付けは元々なし。
ひょんなことから13人のドワーフの、「先祖が竜に奪われた財宝」を取り戻しに行くたびに巻き込まれるホビット族のビルボ。
のんびり屋のビルボだけど、予言の通りにいつの間にか「忍びのもの」になって13人を導き、助けていく。
巻き込まれた立場だからこそ、「冒険」なんだなぁ。と意味不明に納得。

それでも次から次に襲い来る危機を、ビルボの機転で切り抜けていくドワーフたち。
魔法使いはどこいったぁ。なんて一番いいところだけ助けに来るガンダルフもちょっとかっこいい。

最初は面白いなと思いつつ、ページをめくるのがなかなか進まなかったけど、後半になったら一気に読めてしまいました。やっぱり名作はいいねぇ。

? posted by Yumikoit at 10:13 pm pingTrackBack [0]

 

聞いてないよ

子どもの落書き用に、鉛筆を削ってやる。
普段オトナはシャープペンシルだし、そろそろ時期かなぁと思いつつ我が家ではまだ子どもに鉛筆削り器を買ってやっていないので、カッターで削る。
1号は横でわくわくしながら見ている。
まぁこうやって削るのだと見るのも経験のうちさ。

色々1号と喋りながら、続き間の隣の部屋で作業をしている飼猫氏に、ふと声をかけた。
「そういやさ。こういう作業ってあんたの方が上手じゃないの?」
1号すかさず
「父さん聞いてないよ!」

一瞬間があって、隣室からふきだす声。
「1号、ナイスツッコミ!」
と飼猫氏が言った。げらげらげら。

…って、あんたちゃんと聞いてるじゃないのよ!

? posted by Yumikoit at 09:41 pm pingTrackBack [0]

 

書評の鉄人

Link オンライン書店bk1に、Yumikoit!?Booksと絵本箱の書評を時々載せている。
で、今回「書評の鉄人」なるものに選出されたとメールが届く。
ふへ〜。光栄。結構嬉しい。

ちょっと自慢なので、WebRingsなどを載せているページ Yumikoit!?LinksLink にも貼っておこう。ふっふふ。

? posted by Yumikoit at 09:19 pm commentComment [10] pingTrackBack [0]

<< 2005.2 >>
SMTWTFS
  12 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28      
 

読書メーター
Yumikoitの最近観たビデオ

Itofamily.com Home
T:141 Y:9394 Total:18124586 Online:793