久々のベビーカー

1号は今日は図書館に行くと言うので、幼稚園から帰ってすぐに図書館に向かう。
最近は2号もだいぶ歩くようになったので幼稚園の行き帰りくらいは2号も歩かせたり抱っこだったりなんだけど、図書館だと借りた本を10冊持つわけで。さすがに2号と本を両方抱えるのは辛いので久しぶりにベビーカーを出す。

と、1号はベビーカーを押したくてたまらない。
2号は元気いっぱいなので一旦ベビーカーから降ろしてから、クルマがあまり通らないのを確認して、一応自由に押させてみる。
しばらくして後ろからクルマがやってきた。

「クルマが来てるよ〜!」
というと、1号は1号なりに一生懸命押して道路端に寄ろうとするがうまくいかない。かえって道路の真ん中に来てしまった。
ばかもん!と、一発殴って道路わきに1号とベビーカーを引き寄せる。
乱暴だけど命にかかわることだからね。

引き続いてやっぱり押したがるが自業自得。
クルマが来るようなところで、きちんと制御できないなら押す資格なし。
と、図書館までは私が押すことにする。


帰りも、押したがるので車があまり通らない通りまで行ってから、また少しだけ押させてみる。
「…2号重いから、降ろして」
あのぉ…それだとそもそもベビーカーを出した意味がないんですけど。

? posted by Yumikoit at 09:56 pm pingTrackBack [0]

 

のぼれのぼれ アプト式きかんしゃ

清水達也作・津田光郎絵

出版社 国土社
発売日 1991.11
価格  ¥ 1,223(¥ 1,165)
ISBN  4337017038
★★★☆☆
[AmazonLink |bk1Link ]

静岡県大井川鉄道には日本で唯一 アプト式といって線路の中央にギザギザのついたもうひとつの線路が敷かれ、そこを機関車につけられた歯車をかませて登る、「アプト式機関車」が走る区間があるのだそうだ。

というわけで、これはそのアプト式機関車のことを描いた絵本。
鉄道好きのお父さんに連れられて家族旅行でこの路線に乗ったノリオの体験談、という形式で語られている。

絵本が描かれたのは1991年ということで、アプト式区間の終わった後に出てくる長島ダムのシーンではまだダムの底は水に沈んでおらず、平成7年に沈んでしまうであろう未来が書かれているに過ぎない。

1号に
「これは1号が生まれる前の話だから、今はもう水の底におうちが沈んでしまった人がいるんだね」
と言うときょとんとしていた。
まぁそういうものなんだろうが、こういう事ももう少し大きくなってからまた読むとまた読み方が変わるのだろうな。

? posted by Yumikoit at 09:15 pm pingTrackBack [0]

 

月虹 -セレス還元-

月虹 -セレス還元-

水樹和佳子著

出版社 早川書房
発売日 2001.04
価格  ¥ 693(¥ 660)
ISBN  4150306613
★★☆☆☆
[AmazonLink |bk1Link ]

そういや水樹和佳子のコミックってほとんど読んでない。
絵柄のせいかな。今になって見てみると萩尾望都を思い起こさせて割と好感持てるけど。

内容は基本はSF。SFってもファンタジーに近いかなぁ。でもこの時代のSFチックなコミックって、ファンタジー色の強いのが多いよね???

舞台は未来の地球。盲目の主人公の少女はある日謎の青年に出会う。その時を境に、徐々に転生する前の…古いもう滅びてしまった惑星、セレスの記憶がよみがえる。
自分が望めば、古い故郷の惑星はよみがえる。
しかしそれには地球が代わりに滅びなければならない。
選べない。自分にとっては両者の重みはフィフティフィフティだ。
しかし地球は、もうすぐ最終戦争への一歩を踏み出そうとしている。

という感じ。

物語も綺麗で読後感がいいな。

? posted by Yumikoit at 04:00 pm pingTrackBack [0]

<< 2004.2 >>
SMTWTFS
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29       
 

読書メーター
Yumikoitの最近観たビデオ

Itofamily.com Home
T:2098 Y:4210 Total:1041095 Online:03