幻のZ80000!
Zilog Z80000/Z320 (32bit CPU)
PLCC68P、Address bus 32bit, Data bus 32bit.
Clock 8MHz、10MHz
C-MOS 設計ルール、トランジスタ数 不明
1987年?発表

 Z8000がいまいちだったZilog社が32bit CPUでの起死回生を狙って開発を進めたのがZ80000でした。
残念ながらZ80000の開発計画は中断されてしまいました。
 しかし、Z80000の開発計画は細々ですが続けられ、製造プロセスをC-MOSに変更しZ320として日の目を
見ることになります。
 このZ320も発表時期が80年代後半と遅かったことなどから、まったく知られることなく姿を消して行きました。

 このZ320は最後にATT社の WE32000というCPUにその設計コンセプトが引き継がれ、製品としての寿命を
全うしたのでした。

 Z320に関しては語れるのはここまで。後は資料を入手してから続きを書いてみたいと思います。


 2004.10. 9.追記
 Z320の "Product Specification"を入手したので続きを。
Z320はZ80000のC-MOS版で、Z80000とのハードウェアでの高い互換性と、ソフトウェアの完全互換を
売りにしていました。

 Z320/Z80000の特徴を "Product Specification"から。
Z320は浮動小数点機能を内蔵していません。外部にZ8070(外部拡張プロセッサ)でサポートしました。

Z320資料  右は1987年9月版の "Z320 Product Specification"
Z80000関連の資料はPDFとかであるけどZ320は今のところこれだけ。



秘宝館 32bitCPUへ戻る。