2号、あれこれ…苦笑

新人戦の県大会の応援兼会場手伝いで昨日は公欠だった2号。
今朝は1号並みの遅刻ギリギリで学校に向かう。
何せクラス全員がすでに席についている時間だ。

ガラ、と戸を開けると2号の見事な坊主頭に大爆笑になったとか。

で、それはそれで別の話として。

今日の夕食の時のこと。
さっさと手伝えぃ!と声をかけたら和室から跳んできた。
「うわっ」
と声がして、うずくまる2号。
「これってこんなに低かったか!?」
何を、どこにぶつけたんかぃ。
「ちょっとジャンプしただけなのに、鴨居に、アタマぶつけた…」

…我が家の鴨居は、180センチ。1号はちょうど背が届く。
170センチこえている2号でも、背伸びすれば届くはずである。
そりゃ、飛び跳ねなくてもぶつけるはずだわ。
「えっ…」
試しに鴨居の下で背伸びしてみる2号。
「ホントだ…」

なんだかねぇ。

? posted by Yumikoit at 11:19 pm

この記事に対するコメントは締め切られています

<< 2015.11 >>
SMTWTFS
1 2 3 45 67
8910 11 12 13 14
15161718192021
2223 2425 26 2728
29 30      
 

読書メーター
Yumikoitの最近観たビデオ

Itofamily.com Home
T:4985 Y:6641 Total:15166845 Online:849