2号の読書な会話

最近、星新一づいているらしい2号。
私が小学校の頃に買った星新一の文庫を洗いざらい学校に持っていって、友達と貸し借りしながら読んでいるとか。
ふーん。



突然、訊いてくる。
「えーっと、おかあさん。だれだっけ。あの切腹自殺した小説家」
三島由紀夫?
「そうそう!やっと思い出した」

「あのね。学校でNくんと掃除中に、三島由紀夫の話になったんだよ」
よちよち文藝部Link とか読んでるから、三島由紀夫という小説家がいるのを知ってるのはおかしくないけど、なぜに友達と小5で三島由紀夫の話題で盛り上がるのか。

読んだことあるの?と訊いたら
「どんな本書いてるのかと思って、図書館で短編探してめくったことはある」
と言っていた。

ううむ。
いつの時代の文学少年なんだか。

? posted by Yumikoit at 10:09 pm

この記事に対するコメントは締め切られています

<< 2013.7 >>
SMTWTFS
 1 23 4 5 6
7 8 9101112 13
1415 16 17 18 1920
21 2223 24 25 26 27
28 2930 31   
 

読書メーター
Yumikoitの最近観たビデオ

Itofamily.com Home
T:3105 Y:4477 Total:18383223 Online:263